2017年9月20日 (水)

大型バスでサファリ体験。百獣の王ともご対面!(ナミビア)

先日、「ナミビア大周遊と砂漠の花園ナマクワランド13日間」の添乗より帰国しました。
今年は例年稀にみる干ばつとのことで砂漠は花園になっているのかと不安でしたが、
ウエスコースト国立公園では砂漠に咲くたくましい花々に出会うことが出来ました。   

南アフリカツアー

南アフリカツアー

南アフリカツアー

しかしこのツアー、お花だけではないのです。ツアーのタイトル通り、民族・自然・動物・
歴史が詰まったナミビアを大周遊します。
エトーシャ国立公園ではバスにて半日サファリを楽しみました。サファリというとサファリカーに乗ってサバンナに繰り出すというイメージかと思いますが、エトーシャ国立公園では大型バスでのサファリが可能です。大型バスと聞くと「え~!!バスでちゃんと動物が見えるの!?」と思うかもしれませんが、これがなかなか快適なのです。ほこりとは無縁ですし、マイクがあるのでプロ級の目を持つガイドが素早く動物を見つけマイクでこっそりと教えてくれます。素早い野生の動物は気づいた時には叢に隠れてしまいます。大声を出そうものならおしりをむけて逃げて出してシャッターチャンスを逃すなんてことも。
そして何よりも車高が高いので写真が撮りやすいのです。人気の水場にはたくさんのサファリカーが集まります。少しでも遅くなろうものなら前のサファリカーが邪魔をして動物の姿を拝むことができません。しかしバスであれば後から到着しても悠々とウォッチングをすることができます!なんと水を飲む象やスプリングボック、シマウマに交じって木陰で休むライオンも発見することが出来ました。

ナミビアツアー

ナミビアツアー


このちょっと変わったサファリがなかなかくせになるのでおすすめです。(岡山)
 

|

アフリカ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。