2017年11月16日 (木)

日本とどちらが美しい?黄葉のポーランド

10月のポーランドから帰国しました。日本ではいよいよ紅葉のシーズンがやって来ます。赤や黄色に色づいた木々はとても美しいですよね。国土の約30パーセントが森林に覆われ、都市部にも緑溢れる公園がいくつもあるポーランドでも、美しい黄葉を鑑賞することができました。

ワジェンギ公園 ポーランド

ポーランドの黄葉のシーズンは日本より少し早く、9月中旬くらいから葉が色づき始め10月に入るといよいよ見頃を迎えます。日本では、黄色の他に赤く色づく葉が見られますが、ポーランドでは黄色の木々が殆どです。これは、生えている木々の種類に基づくものです。イチョウやブナ、トチノキのような植物が多く、日本の紅葉の代表格である、イロハモミジやコナラの木はあまり生えていません。モミジの仲間のヨーロッパカエデなどは生えていますが、これらのカエデは赤くは色づきません。赤い葉が混じっていた方が綺麗なのではと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、周りの建物や風景と相まって、黄色だけでも日本の紅葉に負けず劣らず見応えのある姿を見せています。

ワジェンギ公園 ポーランド

中でも、ワルシャワのワジェンギ公園の黄葉は素晴らしく、冬支度の為ドングリやクルミを集めにやって来るリスなど、様々な動物たちとの出会いを楽しむことも出来ます。今回のツアーでは、久しぶりに雨のあがった日だったこともあり、普段は入らない公園の奥まで散策をしてきました。街の人々にとってもこの時期に公園の散歩をすることは休日の楽しみの一つのようです。
ショパンの前奏曲「雨だれ」のように、どこか寂し気のある長い雨があがったあと眺める黄葉もなかなか味があるものだと感じました。
(佐藤史)

ユーラシア旅行社で行くポーランドツアーの魅力はこちら

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。