2018年7月31日 (火)

ドロミテ・アルプスの絶景を歩こう!(イタリア)

先日、7/16出発「ドロミテ・アルプスとトレチメ一周ハイキング9日間」のツアーより帰国しました。
今回は有名なトレ・チメ・ディ・ラヴァレードのハイキングなど4回のハイキングが含まれています。2009年に世界自然遺産に登録されたドロミテ。連続して連なっている山脈というより、山塊が集まってできているため、他のヨーロッパアルプスの風景とは全く異なり、力強さを感じます。地域によっては、第一次世界大戦まで、オーストリアに属していたため、ドイツ語とイタリア語両方使われる地域もあり、イタリアというより、南チロルという風に呼んだ方がなんだかしっくりきます。

実は成田空港、第一ターミナルの北ウイングにドロミテ・アルプスの写真が大々的に飾られているのをご存じでしょうか。それが今回のハイキングで訪れる場所の一つ、ガイスラー山塊とサンタマッダレーナ村です。

Img_12903e1532688499790
<ガイスラー山塊のハイキング風景>

この日の天候は快晴。ゴツゴツとした岩壁が特徴のドロミテの山々と可憐な高山植物を眺めながらのハイキングは格別です。歩く距離をのばす度、迫力あるガイスラー山塊がすぐ目の前に迫ってきます。アップダウンが少しきつい所、ガレ場も多々…。しかし壮大な景色が目の前に迫り、この後はどんな絶景が待っているのだろうと思うと、不思議と足が進みます。
途中、山小屋がいくつかあり、休憩をはさみながら進みます。この辺りは牧畜も盛んなので、牛乳やヨーグルトが美味しいです。レストランのメニューの中にはこの地域の料理も多いです。
晴れていれば、歩いている間は半袖でちょうど良いですが、休憩中などは一枚羽織るものが必要。日本のようなじめじめとした暑さとは違い、カラッとしているので、暑いですが、不快ではありません。
トレッキング用のシューズ、ウィンドブレーカーは必須で、ストックもあった方が良いと思います。あとは歩ききる気力と体力!この時期は欧州、欧米からもトレッキング、ハイキングを楽しむ多く観光客がドロミテに集まります。皆、ドロミテの美しい景色を堪能したいという目的は同じ。すれ違う時に自然と交わす挨拶も疲れ始めた時には励みになります。
日陰がうれしい林道を歩き、牛がくつろぎ、草原が広がるエリアを歩き、様々な道を歩きます。今回は全体で約5時間半のハイキングでした。ハイキング終了後には、近くのサンタマッダレーナ村へ。フネスの谷に位置しており、のどかな村です。草原が広がり、住む人々もとっても穏やか。

Img_1295
<サンタマッダレーナ教会とガイスラー山塊>

その村にある教会とガイスラー山塊の絵葉書のような景色が、初めにお話し致しました空港にある写真の景色なのです。是非、成田空港へ行ったら探してみてください!(荒川)

ユーラシア旅行社で行くイタリア(ドロミテ)ツアーの魅力はこちら

|

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

ハイキング情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。