2018年10月25日 (木)

食で楽しむモロッコの旅(モロッコ)

先日、「青の街シャウエンとモロッコ周遊 9日間」の添乗より帰国しました。モロッコと言えばサハラ砂漠、青の街シャウエン、世界複雑な迷路の街フェズなど、様々な魅力が詰まり変化に富んだ国です。今回は、旅の楽しみのひとつである食 モロッコ料理についてご紹介します。

まずは前菜としてよく出されるのが、モロッカンサラダ。さいの目に切られた色とりどりの野菜が美しく盛りつけられています。トマトやきゅうりなど使われている野菜はシンプルですが、レストランによって盛り付けも様々なので、目でも楽しめるインスタ映え(?!)なサラダです。

E1540382329103 

次にモロッコ料理で絶対外せないのがタジン鍋料理!とんがり帽子のような独特な形の鍋でお肉やお野菜を蒸す近年日本でもヘルシーで人気の高い逸品です。現地では、毎週金曜日礼拝の後、家族で楽しむ定番料理として親しまれています。ツアー中提供されたのは、鶏肉、人参、じゃがいものタジン。シンプルで素材の味を生かした優しい味でした。

E1540382348880 

最後に伝統料理パスティーリャと呼ばれる挽肉やアーモンドが入ったパイ料理です。何と言っても最大の特徴は、シナモンが振りかけられている点です。挽肉の塩味とシナモンの甘味が相まってやみつきになるのが不思議な感覚です。

E1540382381754 

モロッコの先住民ベルベル人のベルベル料理が、アラブ諸国、ヨーロッパ、トルコなどの食文化に影響され、現在の形に落ち着いたモロッコ料理。エキゾチックな雰囲気の中、名物料理に異国の味に舌鼓を打った旅でした。(大和田)

ユーラシア旅行社で行くモロッコツアーの魅力はこちら

|

中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

世界の料理情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。