2018年11月29日 (木)

手つかずの遺跡「ベン・メリア」(カンボジア)

11282
<ベンメリア遺跡>

先日、「アンコールじっくり周遊とプレア・ヴィヒア 7日間」のツアーより帰国致しました。
ただいま乾季のカンボジア。時々スコールも降ってきましたが運良く遺跡の見学中はいつも快晴でした。
カンボジアと言えば、誰もが知ってるアンコール・ワット。そして今回のツアーの見所でもあるプレア・ヴィヒア。また、アンコール・ワットに続いて人気のあるアンコール・トムなどどれも魅力的でした。
ですが、今回私がご紹介したいのはベン・メリア。

ベンメリアは日本人に大変人気の観光スポットとなっておりますが、その理由は映画「天空の城ラピュタ」のモデルになった場所と言われているからです。
ですが、一説ではモデル地ではないとも言われています。
なぜならば、遺跡が発見されたのは1990年代、そして遺跡の一般公開は地雷撤去後の2001年。
「天空の城ラピュタ」は1986年公開映画ですので、モデルとするのは不可能という考えがあります。
とは言うものの行ってみたら、「なるほど~。確かにジブリの世界。」
転がる岩にこびりつくコケ、伸びきった木々、遺跡に絡みつく葉と木の根、青い空に鳥のさえずりが響きます。
まるでどこかに迷い込んだようです。
こんな所でかくれんぼなんかしたら楽しそうだな~とついつい童心にかえりました。

1128
<ベンメリア入口>

こちらの写真はベンメリアに入ってすぐの光景。
ベンメリア敷地内に入るといきなり崩れた瓦礫の山が。奥に進むとこのような光景が所々に広がってます。
ポルポト政権時代におきた紛争や地盤沈下などによって現在の姿となりました。また、発見当時から殆ど修復が行われておりませんのでカンボジアの歴史と自然の力を肌で感じられます。(岡本)


ユーラシア旅行社で行くカンボジアツアーの魅力はこちら

|

アジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。