2016年12月28日 (水)

パタゴニアでフラワーハイキング(アルゼンチン)

先日、パタゴニアのツアーより帰国しました。
地球のちょうど裏側の南半球にあるパタゴニアは今、春から初夏にかけての花のシーズン真っ盛り。首都ブエノスアイレス市街の大通りや広場、公園など街のあちこちには鮮やかな紫色のジャカランダの花が溢れていました。紫色のトンネルのようなジャカランダの並木道を通った時の、日本の桜並木ような春らしい華やかな雰囲気が印象的でした。

そしてブエノスアイレスから更に3000キロ飛んで南部パタゴニア地方に向かいました。
天候や気温が目まぐるしく変化し、風の大地パタゴニアならではの小さく可憐な野花が力強く根を張っていました。
今回の旅では、美しいアイスブルーのモレノ氷河を眺める展望台やクライマーの聖地フィッツロイ山を遠望するトレッキングルート上で、また点在する氷河湖と針のように尖った荒々しい峰々の麓を歩くパイネ国立公園、そして南米最南端・地の果てウシュアイアなどパタゴニア各地で野花を観察する機会に恵まれました。

パタゴニアの野花「聖母マリアの靴」 

パタゴニア固有の花や植物には共通の特徴があります。
ほとんどの花の花弁や葉が非常に小さく、背丈も小さくコンパクト。キノコのように一株ごとにまとまってポツンと咲いているところが何とも可愛らしいのです。
標高はたかだか数百メートル程度ですが、まるで高山植物を観察しているかのようです。これはパタゴニアの気象条件と関係があるようです。
常に強風が吹き荒れる地域なので花弁や葉を小さくして体が飛ばされないように、
また株や葉を大きく成長させないのも、また極度の乾燥地域なので水分が蒸発しないように表面積を小さくしているそうです。

パタゴニアの花「セブンシャツ」

また花の名前が何とも個性的でした。花弁がめくれあがって花はシャツの襟を連想させることから「セブンシャツ」という名前だったり、膨らんだ袋状の花弁から「女王のスリッパ」という名だったり、非常にユニークです。

天気がコロコロ変わりやすいパタゴニアなので、時にはパタゴニア名物の風雨や氷河から吹き降ろす冷たい風に負けそうな時もあります。なかなか氷河の大崩落が起きず、じれったい時もありますが、そんな時に道端に咲いている野花を見つけるとなんだかほっとします。足元に気を付けて歩いていないとうっかり通り過ぎてしまうくらい小さく控えめに咲いているパタゴニアの野花でしたが、ハイキングの途中で何度もその小さな野花に助けられたような気がします。(上田)

ユーラシア旅行者で行くパタゴニアのツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

秋深まるルーマニア!伝統が息づくマラムレシュ地方にて

先日、「フォークロアの郷、ルーマニア紀行 10日間」の添乗より帰国致しました。

ルーマニアでは、木々も色付き始め、すっかり秋が深まりつつあります。日本の紅葉といえば、真っ赤なモミジを想像されるかと思いますが、ルーマニアでは赤や黄色、橙色といった多色に染まります。このツアーでは、カルパチア山脈やトランシルヴァニア山脈がそびえる起伏に飛んだ国土を南はブカレスト、北はウクライナ国境近くのサプンツァの村まで、国土をぐるりとバスで巡ります。秋だからこそお楽しみ頂ける黄金色に輝く“黄葉ドライブ”も旅の醍醐味と言えるでしょう。

ビエルタンの要塞聖堂

その中でも旅の中盤で訪れた「マラムレシュ地方」では、古き良きヨーロッパを感じさせるという観点からヨーロッパ内でも注目されています。ルーマニアは元々イタリアやスペインといったラテン系の民族の国ですが(ルーマニア語もイタリア語にそっくり!)、歴史の波に飲まれ、ドイツ系の住民やハンガリー系の住民、ジプシー(ロマ)など多様な民族が現在も住んでいます。そのため、家の材質や街並み、言語、宗教、生活などは村によって様々ですが、このマラムレシュ地方の村々は生粋のルーマニア人しか住んでいないため、昔ながらの素朴な伝統や暮らしが今なお息づいています。

この伝統を身近に感じられるのは、日曜日のミサです。村人たちは、民族衣装を身に付け教会へ集います。各国共通かもしれませんが、年配の方を大切にするという習慣から年配の方は教会の中で、若者は教会の外で祈りを捧げます。ミサは大体10時頃から始まるのですが、村人たちは朝から何も口にしません。ミサを終えて、清やかになった身体にパンとワインを口に入れた後、家路について、ようやく最初のお食事をとります。
ミサの日は働き者の村人たちは、お仕事はお休み。お食事の後は、家の門のベンチで日向ぼっこです。彼らは電気は生活に必要ないと考えるため、まだ明るいうちに夕食を食べ、月曜日からのお仕事に備え、暗くなる頃には床に就きます。

マラムレシュ地方のミサ帰りの村人

続きを読む "秋深まるルーマニア!伝統が息づくマラムレシュ地方にて"

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

ジャカランダシティ、プレトリアへ(南アフリカ)

1117_2
先日、ユーラシア旅行社の「ナミブ砂漠と南部アフリカ5カ国大周遊 11日間」のツアーより帰国致しました。南部アフリカ5ヵ国とはナミビア・ジンバブエ・ザンビア・ボツアナ・南アフリカのこと。絶景で有名なナミブ砂漠から始まり、世界の三大瀑布のひとつでもあるビクトリアの滝や象が有名なボツワナのチョベ国立公園のサファリ、南アフリカではアフリカ大陸最西南端、喜望峰等、見所たっぷりの南部アフリカをぐるっと巡ってまいりました。

そんな中で10月に出発するこのツアーの一番の魅力は、やはり春を迎え満開に咲き誇る南アフリカ、プレトリアのジャカランダでしょう。1888年に農夫が南米より持ち帰った2本の苗木から始まったジャカランダは、瞬く間に広がり現在約7万本と言われています。7万と言ってもなかなかピンとくる数ではないですが、ホテルの前にはもちろん、ほぼ全ての道路脇にはジャカランダ。並木道は1本どころでなく、右を見ても左を見ても、ずっと紫色の花が目に入ります。なかなか日本では目にしない色に見とれてしまいました。

観光ももちろんジャカランダ尽くし。珍しい白いジャカランダも見て、ランチはジャカランダのふもとで。また、プレトリアに初めて植えられた記念すべきファーストジャカランダを見にサニーサイド小学校にも訪れました。樹齢120年のジャカランダは今も健在。根をしっかりはり、花をいっぱい咲かせていました。春は桜もいいけれど、ジャカランダで迎える遠い南半球の春も素敵でした。(五島)

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

紅葉の白神山地でブナの森について学ぶ

 この度、ユーラシア旅行社の「紅葉の白神山地と十二湖を歩く3日間」より戻りました。

岩木山

 白神山地は青森県と山形県にまたがるブナの原生林の地域で、1993年、九州の屋久島とともに、日本で初めて世界自然遺産に登録されました。そのきっかけは、地元の人々による林道建設反対運動だったそうです。当時、ただ反対するだけでは説得力が無いという事で、地質や植生など様々な方面の調査を依頼したそうです。その結果、人の影響をほとんど受けていないブナの原生林の規模が世界最大級だという事がわかり、そこに生きる動植物の生態系も守るべきものとみなされ、林道の建設も中止となり世界遺産登録に至ったのです。
 ツアーでは“ミニ白神”と呼ばれる「白神の森遊山道」と「十二湖」、そして世界遺産エリアの「世界遺産の径(みち)ブナ林散策道」の3ヵ所のハイキングをそれぞれ地元ガイドさんの案内で楽しみました。

ブナの実

 ブナは他の木に比べて成長が遅く、樹齢100年の木でも40cmほどの太さしかありません。条件によって成長度合いも違うので樹齢ははっきりとは分かりませんが、表面に地衣植物がついている木は立派な大人の木だそうです。ブナは大木ですが、木の実はとても小さいです。ガイドさんが固い殻を割って中の実を見せてくれました。これを体の大きな熊がひとつずつ拾って食べているのかと思うと足りるのかな?と思ってしまいます。食べてみるとしっとりとした濃厚なクルミのような味。高カロリーで冬眠前の熊や他の動物たちにとっての大切な栄養になるそうです。6~7年に一度しか実をつけません、今年は実をつけない木が多かったので、熊が餌をさがして里に下りて来た!という目撃情報が多いようです。
 ブナは木の上の方に枝と葉をつけるので、山の中なのに明るく見晴しが良く、広々としています。葉は秋になると黄色くなり、日の光を受けてキラキラと輝き、とても綺麗です。
 今年はいつもより暖かく紅葉が始まるのが遅かったそうです。ツアー初日に新青森駅に到着した日の紅葉はまだ色付き始めたばかりという印象でしたが、バスの移動の度に目にする岩木山は日を追うごとに色付いていくのが感じられました。

白神山地の紅葉

 ガイドさんは毎日のように森に入りますが、時間、天候、気温、植物の変化など、いつ見ても様子が違い、一度でも同じ景色は無いと言っていました。
 ところで、紅葉の綺麗な白神山地のガイドさんの所にも旅行会社から紅葉ツアーのパンフレットが届くそうです。白神ではすっかり紅葉シーズンの終わった12月頃に「京都の紅葉を見に行きませんか?」と。ガイドさんは「白神の紅葉が一番綺麗だと思っているけど、他にも綺麗な場所があるなら見たいよね。」と笑っていました。

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

まるでパレット上に広がった絵の具のような紅葉!カナダの秋をしみじみ体感

先日、秋のカナダ大横断の旅から帰国しました。
今回の旅は文字通り、東西8000キロの広大なカナダを横断する旅となりました。
英国らしい落ち着いた雰囲気が残る西部の町ビクトリアと人種のるつぼバンクーバーから始まり、レトロな客車がガタンゴトンと超スローペースで走るカナダ大陸横断鉄道でカナディアン・ロッキーの白銀の峰々を越え、時にはエメラルドグリーン色の氷河湖畔を走り、滝の轟音が轟くナイアガラではあっという間にずぶ濡れになり、その美しさに溜息を漏らしながら紅葉の名所メイプル街道をバスで駆け抜けました。最後は赤毛のアンの舞台プリンス・エドワード島で旬の真っ赤な大西洋ロブスターをガブリと味わってきました!

旅の概要に少し触れただけでも、変化に富んだ盛り沢山の日程ですが、
今回の旅で特に印象深く記憶に残ったのは、やはりハイライトでもある、目が覚めるような色鮮やかなカナダの紅葉でした。西部に近いカナディアン・ロッキーの雄大な山々は未だ緑の針葉樹と黄色の広葉樹に覆われていました。ところがカナダ中部まで進み、ナイアガラの滝やトロントから首都のオタワ、フランス語圏のモントリオールを経て東部のケベックシティに至る全長800キロ、紅葉の名所メープル街道に差し掛かったとたん道端の木々の葉が、林や森の色が激変し始めました。
カナダのシンボルでもある楓の赤い葉の紅葉が増え、森や山々が一気に赤く染まり始めたように見えたのです。お客様は皆、カナダの紅葉を大いに期待して心の準備をしていたものの、真っ赤に染まる木々や森、連なる山々を見た瞬間には、バスの車内に「ウワーッ!!」という歓声が上がりました。
紅葉が最も美しく感じられたのは、標高1000m前後の山々が連なり、なだらかな丘陵と大小さまざまな湖が点在するローレンシャン高原でした。

モン・トランブランの鮮やかな紅葉

特に山麓に位置するモン・トランブラン村はオレンジ色の夕陽と相まって、山全体が真っ赤に染まって見えました。山が燃えるとはまさにこのことです。
また、静寂に包まれ、小さなサーブル湖の紅葉は、まるでパレットに色鮮やかな緑色や黄色、赤色の絵の具を広げたかのようです。その色鮮やかな紅葉が鏡のような湖面に映ると、パレットは2枚となり、更に美しさが増してゆきます。
3色それぞれが打ち消し合うことなく強烈な鮮やかさを放っているので、日本の紅葉とは一味異なった秋の自然の美しさを感じることができました。

サーブル湖面に映る赤、黄、緑色の紅葉

紅葉の他にもカナダには秋を実感するものが溢れていました。
朝起きて外に出ると、ピーンと張り詰めた冷たい空気。
日中は秋らしい柔らかな陽光と空高く澄んだ青空。夜は再び空気が冷え、
雲一つない澄んだ夜空に星が輝きます。
また、カナダ滞在中の10月10日はちょうど感謝祭でした。
カナダでは農作物の収穫に感謝し、家族や親戚が集い、お母さん手造りの七面鳥の丸焼きやカボチャパイを食べるのが昔からの習わしです。
更に10月末はハロウィンがあります。カボチャ畑の道端にハロウィン用の直売カボチャを無造作に転がしているのどかな風景をあっちこっちで見かけました。
日本ではもう10月というのに薄着の日々が続いていますが、一足早くカナダで秋を実感してきました。(上田)

ユーラシア旅行社で行くカナダのツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

とっておきの黄葉ハイキング(スウェーデン、ノルウェー)

先日、「アビスコ国立公園とロフォーテン諸島を歩く9日間」の添乗より帰国致しました。ほぼ毎日、3時間程の初級程度のハイキングを楽しむコースです。旅の初めはスウェーデンの北極圏に位置しノルウェーの国境近くでもあるアビスコ国立公園からスタート。

Img_1316

私達が訪れた9月初旬から中旬はまさに黄葉の真っ最中。まだ夏の暑さを感じて出発した日本とは想像もつかない風景が広がっていました。朝晩はフリースに軽めのダウンジャケット、さらにその上にウインドブレーカーを羽織るような気候です。南北約20キロ、東西約5キロという広大なアビスコ国立公園の中で「王様の散歩道」と呼ばれているハイキングルートの一部(約5キロ)をのんびりと歩きました。足元はほぼ平坦。砂利道や木道の上を歩きます。渓谷や小さな池もあり飽きさせません。何といっても黄葉した白樺と氷河によって削られたラッポルテン山がここの景色の主役です。途中、そんな大自然の真っただ中でサンドイッチのお弁当タイム。天気は曇ったり晴れたりと変わり易かったのですが、何とも贅沢な時間を過ごしました。翌日は、この国立公園を見下ろすニューラ山へ。標高は1164mの山ですが、ここへは途中までチェアリフトで上がります。約20分の空中散歩。ここからの景色がまた最高です!ラッポルテン山とアビスコの黄葉の海が眼下一面に広がり、その景色に圧倒されました。

20160911wnl9_168
たっぷり楽しんだアビスコの黄葉の後は、“世界で最も美しい航路”と言われる沿岸急行船に乗船しロフォーテン諸島へ移動しました。約10時間という移動時間も甲板や広々とした船内のラウンジから景色を楽しんでいると、結構あっという間でした。船上からの一番の景色はラフテスンデ海峡を通る時です。ロフォーテンでは、かつて氷河の浸食により形成された切り立った岩山が海面に突き出てそれは独特の景観を造っています。狭い海峡では船の両側に岩肌がはっきりと見える程の迫力です。朝方は小雨だったのが、見所のラフテスンデ海峡とトロルフィヨルドに入る頃にはすっかり晴れて、幸運に恵まれました。

Img_1608

ロフォーテンでは、中心の街となるスヴォルヴァーから少し郊外にでると、まるで絵画の中にいるような美しい風景の中をバスは走ります。入江の奥にひっそりと佇む漁村レイネから小舟でさらに入江の奥へ。そこから再び約3時間のハイキングです。歩いているのは、私達といくつかの欧米人の個人客。こんな景色を静かに楽しめるのも、まだまだ知られていないロフォーテンだからでしょうか。どこをとっても絵になるロフォーテン。写真家の憧れの地と言われているのもわかりました。夜は、毎晩オーロラを見るべく、ホテルの外へ出ました。一度だけ、とても動きのあるオーロラをスヴォルヴァーのホテル裏から見ることができました。そんな旅の嬉しいおまけが付いた今回の旅。また是非行きたい、とっておきの場所。次もまた秋がいいですね。(帯津)

黄葉、紅葉スポット特集はこちら

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

幻のワイルドフラワーを発見!(オーストラリア)

リースレシュノルティア

先日、ユーラシア旅行社の「西オーストラリア周遊とワイルドフラワー観賞の旅 9日間」のツアーより帰国致しました。ツアー中ほぼ晴天で、まさにワイルドフラワー観賞日和!春を迎える西オーストラリアを多種多様なワイルドフラワーを探しながら、巡ってまいりました。オーストラリアは、大陸移動により約6500万年前にゴンドワナ大陸から分裂し、他の地域から隔絶されてきた為、実に約1万2千種もの珍しいワイルドフラワーが自生しています。しかも、その約8割の種はオーストラリアでしか見ることのできない、貴重な固有種です。

そんな数多いワイルドフラワーの中でも絶大な人気を誇るのは、なんといってもリースレシュノルティアでしょう。西オーストラリアのワイルドフラワー街道でしか見ることができず、乱獲の為、絶滅が危惧されている希少種。その為、幻の花と言われています。毎年同じところに咲くとは限らない為、街道の途中にあるインフォメーションセンターや出くわした現地の方から情報を聞きながら探していきます。バスの車窓から道路脇に注目しながら進んでいくと突然「あった!」と喜びの声があがりました。すぐさまバスを降りると、道端にクリスマスリースのような愛らしいリースレシュノルティアが咲いていました。周辺を探すと「ここにもあった」「あそこにもあるよ」とどんどん姿を現します。そしてついには上の写真のような群生地帯にたどり着きました。こんなにも群生して咲いているのは本当に稀で、経験豊富なバスのドライバーさんもこんな景色は見た事がないとのこと。皆様大興奮でこの奇跡を写真に収められていました。私も幻の花を見られた喜びにただただ浸っておりました。(五島)

ユーラシア旅行社で行く西オーストラリアツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

美しい景色と美人の多い国!それは・・(ウクライナ、モルドバ、ベラルーシ)

先日、「愛のトンネルも訪れる ウクライナ・モルドバ・ベラルーシ三ヵ国紀行9日間」の添乗より帰国致しました。これらの三ヵ国はロシアのすぐ東に隣接し、1991年のソ連崩壊後に独立をした国々です。あまり情報も多くないので、なかなかイメージが湧かないかもしれません。数々の侵略された歴史が残した城や教会建築、文化芸術が時に重厚に、時に華やかに現代の私達の心に響きます。

Dscn9575

眉間にしわを寄せ真剣に歴史を語り続ける男性ガイドは大学で英語の先生もしているという真面目な人。そんな時、お客様からあるご質問を頂きました。「ベラルーシでは美人は海外に出国できないというのは本当ですか?」男性ガイドの顔がフッと和らぎ、「そんなことはありません。そんな法律はないですよ。」の一点張り。国立のモデル養成学校があるというベラルーシ。気になったので、次の町のガイドさんにも聞いてみることにしました。ソ連時代の生活と現在の生活について、神妙な顔つきで話していたガイドさんに、同じ質問をすると、一瞬「えっ!」という顔。「それは、ベラルーシが出国を中止させているのではなくて、受け入れ先の国々が制限をしているのですよ。」とのこと。より良い仕事を求めて海外に渡航した女性たちが騙されて事件に巻き込まれた事があったようで、それ以来、行先国のビザ申請をしても(どういう基準で審査をしているのかは不明ですが)、モデルや美人には許可が下りにくい?という話でした。美人が多いといわれるこの東欧の国々。その話題の後、道行く女性達をつい見てしまいました。そういえば、ウクライナの“愛のトンネル”を歩いていた女性も綺麗だったなあ。

Dscn9543_3

今回訪れたのは、広大なひまわり畑がウクライナやモルドバの移動中に車窓から広がる夏まっさかりの季節。第二次大戦時の悲恋を描いたソフィア・ローレン主演の映画「ひまわり」の撮影は実はウクライナだったとか。夏の晴れた金曜日、モルドバの教会で偶然出会った美しい花嫁たちの笑顔もひまわりの様に美しく光り輝いていました。(帯津)

ユーラシアで行くウクライナ、モルドバ、ベラルーシツアーはこちら

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

5年に一度の花の祭典、ゲントフロラリア(ベルギー)

先日、ベネルクス3国周遊 13日間のツアーから帰国しました。オランダ、ベルギー、ルクセンブルグの3カ国を訪れました。季節は日本と同じく春爛漫。オランダでは満開のチューリップ畑、フラワーパレード、ベルギーではフロラリア、ブルーベルの森など美しい景色を見て参りました。そんな季節ならではの花のイベントが目白押しのツアーでした。
中でも、ベルギーでは5年に一度の花の祭典、ゲントフロラリアへご案内。ベルギー第三の都市ゲントで開催され、2週間で30万人以上が訪れる、ヨーロッパ最大級の規模を誇ります。歴史も深く、1809年に第一回が開催され、そこから現在まで約200年間、今年は35回目の開催でした。元々はベゴニア農家の人たちが始めた小さな花の展覧会でしたが、年々大きくなり今ではヨーロッパ内外から来場者が訪れるイベントにまで成長しました。

160524

今年は町に4つの会場が設置され、それぞれにテーマがあります。一番大きな会場では、「最新トレンド」がテーマとなっており、大きなお庭を模したもの、様々なアレンジを加えられたもの、スチームや照明で異空間を表現しているものと見所満載でした。これが全て屋内の会場というから驚きです。天候に関係なく、美しい花の展示が見られるのは嬉しいポイント。フローリストが腕を振るい、植物が美しい芸術作品になっていました。また、生花を使用するため、香りを楽しめるのも一つの見所。美術館のようにじっくりと鑑賞しました。

160524_48


そして、今年は日本とベルギーの友好150周年にあたることから、日本がゲントフロラリア名誉招待国となっており、特設ブースが出来ていました。テーマも「西と東の出会い」。石川県金沢市から日本庭園、また草月流・華道家の勅使河原茜(てしがはらあかね)氏の生け花が展示されていました。海外で日本のものに触れるのは不思議な感覚。日本らしく、素材の美しさを強調するようなシンプルな展示でした。
その他会場では新しいガーデニングの展示や様々なショップがありました。両手にはガーデニングのグッツを抱えた老若男女様々な来場者が期間限定イベントを満喫しており、ヨーロッパのガーデニングの人気ぶりを垣間見た気がします。(杉林)

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

まるで黄金色の海!秋のワイン街道

先日、「フランスワイン街道の素朴な町や村 13日間」の添乗より帰国致しました。ツアー名に「ワイン街道」と入っていると、ワインが飲めないと楽しめないの?というご質問を頂くことがありますが、歴史、文化、芸術そして名物料理など、地方ごとの魅力がぎっしり詰まっているので、今回の旅もワイン好きな方もそうでない方も十分お楽しみ頂いたようです。

Img_1468

旅の始まりは、フランス王家の戴冠式を行った歴史のあるシャンパーニュ地方のランス。ジャンヌダルクが、王太子を大聖堂へ導き戴冠式を行った街としてご存じの方も多いでしょう。また、20世紀後半、パリで活躍した画家、藤田嗣治が造った小さな礼拝堂があることでも有名です。ここから、アールヌーボーが花開いたロレーヌ地方のナンシー、ドイツの影響も残る国境の街ストラスブールと可愛らしい小さな村々が点在するアルザス地方を回り、更にワイン産地、取引の中心ブルゴーニュ地方では、世界遺産の修道院やロマネスク教会を訪ねました。後半は国内第二の都市リヨンを中心とするローヌ・アルプ地方へと南下しました。

Img_1647

今回訪れたのは10月中旬。例年より、空気がキリッと冷たい日が続いた為か、日々、車窓からの木々がどんどん色づいていくのを感じながら過ごしました。
この時期は、黄色や赤に彩られる風景が楽しみですが、なんといっても、圧巻だったのは、アルザス地方、ブルゴーニュ地方で訪れた、ワイン街道のぶどう畑です。大型バスが細い道をくねりながら進む様子は、まるで、黄金色の海原に漂う小舟の気分。たくさんの小さな農家が管理している畑は、いくつもの村々に渡ってどこまでも続いています。
ちょうど、農家の方がぶどうの苗の様子を見に来ていました。既にぶどうの実は摘み取られ、ワインの仕込みに入っている時期ですが、一年を通してワインが出来るまでは数々の手がかかると言われています。名だたる産地が多いのも納得。さすが、ワイン王国。フランスの豊かさを改めて実感しました。(帯津)

ユーラシア旅行社で行くフランスツアーはこちら

| | コメント (0)

より以前の記事一覧