2016年12月16日 (金)

少数民族のルーツを求めて、“少数民族街道”を往く(中国雲南省・ベトナム)

先日、「雲南・北部ベトナム少数民族街道 10日間」の添乗より帰国致しました。
このツアーでは中国・雲南省とベトナム北部サパの両国にまたがる少数民族の村々や彼らの日常生活には欠かせない市場を訪ねました。藍に染まった水が流れるベトナム・黒モン族の村や中国・ハニ族が作り上げた絶景で話題の元陽の棚田など、のどかな田園地帯を楽しみながらのんびり散策をしました。

中国とベトナムには、両国それぞれ約54もの少数民族が生活しています。各々の民族ごとに独自の文化や習慣があり、その多種多様な生き様に触れることができました。
しかし、雲南省の少数民族・ベトナムの少数民族と住んでいる地域、つまり国籍も今では異なりますが、ルーツがまったく同じ民族もいます。例えば、ベトナム北部に住む「赤ザオ族」。非常に商売気質の強い彼らは赤い頭巾がポイントです。ふくらみがある頭巾が正装ですが、簡易頭巾も今では主流です。

赤ザオ族

一方、中国・雲南省の金平郊外の太陽寨に住む「紅頭ヤオ族」。名前からしてあれ?と気づかれた方もいらっしゃるかと思いますが、この2つの民族は実は同じ民族なのです。彼らはまるでサンタクロースのような赤いとんがり帽子(頭巾)を被っています。また、両民族とも結婚すると眉毛を剃るという習慣があります。その他にも、お食事の味付けは中華風、主産業は農耕生活というように民族や住む場所は違えど、両国に“国境”はないようでした。

紅頭ヤオ族

彼らとの交流もまた少数民族ツアーならではの楽しみです。ベトナムの赤ザオ族がたくさん住む、ターフィン村を訪れると、バスが停まるなり、赤ザオ族たちがお出迎え。その様子に驚きましたが、村の散策中もずっと隣で話しかけてきて(フランス植民地時代からの観光地のため、英語もある程度ペラペラです)、まるで赤ザオ族の人たちとお散歩しているような気分になりました。

また、出会う人、出会う人、彼らが身に纏う民族衣装の刺繍には終始、魅了され続けました。もちろん、民族によってその刺繍の施し方、模様、色使いは異なるので、伝統的な刺繍や染め物の技術とデザインは、母から娘へ受け継がれるそうです。
民族衣装を着ているとかさばるため生活しにくいという理由から、村の行事や冠婚葬祭の時にしか着用しない人も増えてきていることも事実です。しかし、娘の嫁入り道具としての花嫁衣裳の刺繍を縫うという伝統は今も受け継がれています。
道端で、あるいは野菜を市場で売りながらその片手間に、一針ずつ想いを込めながら、針をすすめるその姿に心を打たれました。

少数民族のルーツを辿りながら、人々の温かさに触れる旅となりました。(角田)

ユーラシア旅行社でいく東南アジア・中国の少数民族ツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

アジアの山岳地域に暮らす少数民族に出会う(中国・ベトナム)

ベトナムのバック・ハーで出会った花モン族

先日、「雲南・北部ベトナム少数民族街道 10日間」の旅から戻りました。中国の南部・雲南省と、そこに国境を接するミャンマー、ラオス、ベトナムには、各国の主要民族とは別の多種多様な民族が暮らしており、このツアーではベトナムと中国の国境付近に暮らす民族の村々を訪ねます。国をまたいで旅したことで感じたのは、国境はあくまでも政治的なものにすぎないのだなぁということでした。
まずこの地域には、もともと同じ民族にもかかわらず、国境が引かれたことで呼び名が異なっているという民族があります。例えば中国の花ミャオ族とベトナムの花モン族。ピンクや赤を基調とする華やかな刺繍が印象的な民族衣装をよく見てみると「あぁ同じルーツなのかも!」と一目でわかるのです。

ベトナムのターフィン村で出会った赤ザオ族

また、今はベトナムに暮らすけれど、ルーツは中国にある民族もいます。その一つ、ザオ族は13世紀頃に祖先が中国からベトナムにやってきたとされ、ターフィン村で出会った赤ザオ族は座布団のような真っ赤な頭巾を頭の上にのせているのが特徴的。このザオ族の起源として有力なのが、中国ではヤオ族と呼ばれている民族。中国雲南省の金平という町の郊外・太陽寨には、ヤオ族の一つである紅頭ヤオ族が暮らしており、形は三角ですが色はやはり赤い帽子を被っています。両民族には「女性が剃髪する」という共通の風習も残っていて、なるほど、起源は同じなのかもと思ったわけです。
そして、現在のベトナム北部地域は、約1,000年もの期間を中国に支配されていた歴史上、漢字が残されている歴史的建造物が多く見られます。北部の食文化にも中国の影響が少し残っていて、そういえば国境を越えても食事にあまり大きな変化はなかったなぁと、後になって思ったものです。
とはいえ、その国境を境として異なっていたこともあります。それは“外国人に対する意識”です。ベトナム、特にサパを中心とする地域はフランス人の避暑地として長らく外国人とのなじみがあったからか、観光客に対して物怖じすることがなく外交的。また、自分たちの伝統的な刺繍や藍染めを土産物として積極的に販売しています。
一方、中国は、ベトナムよりもやや内向的な印象。特にご年配の方は外の人間に対して抵抗があるようで、微笑みかけても真顔で応えるのみ。カメラを向けようものなら途端に奥へ隠れてしまいます。市場を訪ねた時も、目が合うと顔を横に向けたり、手のひらで顔を隠したり。ガイドによると、外交的でない一面に加え、写真については「魂も一緒に取られる」という迷信があるそう。昔の日本もそうだったよなぁとか、外国人に抵抗があるのは日本も同じだわぁとか、知らない人に写真撮られるのはそりゃ嫌だよねぇなど、皆様、色々思うところがあったようです。
そんな違いはあれど、どの村でも、女性たちがひとつひとつ丁寧に民族衣装を作り上げている姿は最も印象的でした。現代的な生活様式も徐々に取り入れられるようになった中、母から娘へ、伝統の刺繍や染め物の技術とデザインを受け継いでいるのは中国もベトナムも同じでした。これからも各民族の伝統が長く守られてほしいと思います。(江間)

ユーラシア旅行社で行く東南アジア・中国の少数民族ツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年2月12日 (金)

カリブ海の民、クナ族の島(パナマ)

クナ族の家族

先日「サンブラス諸島とパナマ絶景紀行」のツアーから帰国しました。

今回は、寒い日々が続く日本とは正反対の熱帯パナマの旅。
中米パナマのカリブ海側に浮かぶ、サンブラス諸島をご案内してきました。

太平洋側に位置する首都パナマシティからパナマ地峡
(南北アメリカ大陸を結ぶ一番狭い場所)を四輪駆動車で約2時間で横断し、
カリブ海へ。
(ちなみに太平洋から大西洋までの約80キロを船舶でパナマ運河を通ると最速で約9時間、最大24時間位かかります。)

カリブ海に面した小さな漁村カルディの浜から水平線を見渡すと、
沖合にはヤシの木々が生い茂った小さな島が点々と浮かんでいます。
小さなボートに乗り込んで出港です。

このサンブラス諸島は、合計360もの島々が南方コロンビアの沖合にまで連なっています。
全くの無人島から集落のある大きな島、たった一家族しか住んでいない島や
ホテルが一軒しかない島もあればヤシの木が一本しかない島など、実に個性的な島々が
集まっています。

そのうちの一つ、イスラ・ぺロ(犬の島)に上陸。
珊瑚礁の浅瀬がちょっと成長したくらいで、直径50メートルほどの小島。
暴風雨がやってきたら、全ての物が吹き飛んでしまいそうな、
何とも頼りない小島ですが、その美しさだけは抜群。

珊瑚が砕けた白い砂、完全に透き通った透明の海水。
その色は沖に向かって、エメラルドグリーンから深いコバルトブルーへと変わってゆきます。
風に揺れるヤシの木陰にゴザを敷いて一休み。
文句無しにカリブ海の美しさ、雰囲気を体感した瞬間でした。

実はこの島にたった一家族がココナツヤシの管理の為に住んでいます。
しかもカリブ海地域では珍しく、サンブラス諸島の先住民はモンゴロイド系統の民族なのです。
先住民クナ族は丸木船で小島を行き交っており、
集落がある人口250人ほどの島にも上陸しました。

クナ族の男は漁に出て、女性達はモラという独特の刺繍を売って生活をしています。
刺繍デザインはじっくりと眺めると実にユニーク。
魚や鳥、植物などの自然をモチーフにしているのですが、
そのエキゾチックなデザインはマヤ遺跡のレリーフを思わせ、
その鮮やかな色彩はアンデスの織物を思い出させます。
顔立ちもカリブ海で良く見られるアフリカ系の混血ではなく、
明らかに南米アンデス山中の先住民や中米マヤ系統の、モンゴロイド人種である事がわかります。
中南米のモンゴロイド系の先住民は殆どが山中や密林ジャングルに住んでいるので、
カリブ海沿岸地域に住んでいるモンゴロイド系の先住民は、何だか不思議な感じがしました。

カリブ海の島々は街中に音楽が溢れ、絶えず賑やかな雰囲気の島々が殆どですが、
ここは波の音すら聞こえてきません。
これも大人しく、穏やかなモンゴロイドの特徴なのでしょうか。
人々の表情も穏やかで、日々幸せな生活を送っているのが感じられます。

このサンブラスの島々に滞在した僅かな時間は、
自然の音の記憶がありませんでした。
島の静けさとクナ族の穏やかな表情。
同じモンゴロイドである日本人との小さなつながりを感じました。
(上田)

中米のツアーはこちら
カリブ海のツアーはこちら

| | コメント (0)

2015年3月31日 (火)

「大地の芸術品」!元陽に残るハニ棚田(ユーラシア旅行社で行く少数民族ツアー!)

Dscf9095

Dscf9052

先日、ユーラシア旅行社の「雲南・北部ベトナム少数民族街道10日間」のツアーより帰国しました。

中国には55(ベトナムでは54)の民族がいると言われていますが、その中でも少数民族と言われる人々は7~8%で、主に山岳地域で生活をしています。彼らは、伝統的な民族衣装をまとい、昔ながらの生活を営んでいます。今回のツアーでは、そんな彼らの生活や文化に触れながら、各地を回っていきました。

その中でも今回は、雲南省南部に住むハニ族についてご紹介したいと思います。

ハニ族は、何事にも地道に取り組む気質と言われており、そんな彼らを象徴するものが、2013年に世界遺産に登録された元陽の棚田です。ハニ族が代々作り上げてきた大規模な棚田は、「この世の奇跡」と称えられており、谷の底から海抜2000メートルの山の上まで、美しい段を描きながら繋がっています。なかには、その段数が5000段にも達するものもあるのだとか。標高差のある山肌に彼らが住み始めたのは、今から1300年前。ここに時間をかけてコツコツと作られてきた棚田は、まさに大地の芸術品です。

今回は元陽の街に宿泊し、夕日と朝日の時間に棚田を訪れました。もともと降雨量が多い地域で、年間300日は雨と言われている中、皆様の願いが通じたのか何ともラッキーなことに、綺麗な夕日と朝日をどちらも観賞することが出来ました。

日中に見るだけでも圧巻なのですが、朝焼けや夕映えにきらめく棚田は、光の当たり具合によって、様々な色に輝きます。また一番美しかったのは、時間によって動きながら変化をしていく朝もやが棚田上に浮かぶ光景。緩やかな曲線を描きながら幾重にも重なる棚田に心奪われながら過ごしたひと時でした。

ちなみに、この元陽の「ハニ棚田」は、中国で45番目に世界遺産に登録され、中国で初めて民族名で名付けられました。山岳地で細々ながらも伝統を立派に継承し守り抜いてきた民族の功績が、いま世界のカメラマンたちを虜にしているのです。(飯野)

中国ツアーの一覧はこちら

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

2000年もの時をかけて造られ、守られているフィリピン、ルソン島北部の棚田

20150213ap10_34
先日、ユーラシア旅行社の「麗しのフィリピン大周遊 10日間」の添乗より帰国致しました。フィリピンは大小7000以上もの島々から成る国です。訪れる島によって、その個性や目的も変わってきます。今回は首都マニラがあるルソン島、ボホール島、セブ島を訪れ、それぞれの魅力を体感しました。

フィリピンというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。透明な海が印象的なリゾート、珍しい動物や自然のある島、山岳地帯の棚田、スペイン時代の街並み、太平洋戦争の傷跡。今年は戦後70年。最近、フィリピンのレイテ島沖の海底から、戦艦武蔵とみられる船体が発見されたというニュースもありましたね。少し想像しただけでも、実に様々な面が浮かんできます。書ききれない程の中で、今回は世界遺産にも登録されているバナウェの棚田をご紹介したいと思います。

20150213ap10_315

ルソン島北部に連なるコルディレラ山脈。あぜ道の総延長は地球の半周にも相当する距離といわれる棚田群は1000m以上もの山々の急な斜面を利用し、山岳民族イフガオ族により2000年もの歳月をかけて築き上げられたといいます。山脈のほぼ中央に位置するのが今回2連泊をしたバナウェです。ルソン島の山岳民族イゴロット族(ハンギングコフィンという独特の埋葬習慣などの伝統文化を残す)の村サガダやボントック訪問後、向かったバナウェ。だんだんと雲が増えてきたかと思うと途中の峠では霧に包まれて真っ白!心配しながらバスを走らせバナウェを見下ろすビューポイントに到着。先ほどまでの霧もなく、眼下に広がる棚田を見渡すことができました。山に囲まれている為、天気が変わり易い地域。なかなかラッキーでした。

翌日は、朝方は雨でしたが、徐々に回復。ジープニー2台に分乗して出発!ジープニーとはフィリピンでは一般的な交通手段である乗り合いバスのこと。第二次大戦後、米軍が置いて行ったジープを改造したのが始まりとか。現在は、日本車のエンジンを利用し車体を改造したこの乗り合いバスが至る所で走っています。狭い山道もガンガン進んでいきます。目的地のバンガアン村に到着。100人程が暮らしている集落に向って棚田のあぜ道を下って行きます。細いあぜ道はコンクリートで舗装されているので歩き易いのですが、景色に見とれて写真を撮っていると田んぼに落っこちそうになるので注意が必要です!田んぼの水に空と雲が映り、雲が動くたび、日が差し込んで、田んぼはまるで、キャンバス。刻々と移り変わる色は自然が創り出す絵画のような美しさでした。涼しかった朝に比べ、村に着く頃にはすっかり暑くなり、往復でよい運動になりました。

20150213ap10_219_2

昼食後、午後は再びジープニーで山越え、谷越え棚田を求めて走ります。天気も良くなってきた為、バナウェから約1時間程移動しハパオ村へ行ってみました。ハパオ村の棚田も世界遺産に登録されているコルディレラ棚田群の一つです。バナウェやバンガアンに比べると高低差というよりは、横に広がりがあります。棚田の途中に集落があり、赤い服を来たとても高齢と思われる女性が腰を曲げて下から上がって来るのが見えました。見入ってしまう程、その足取りが力強かったのが印象的です。

20150213ap10_188

短い滞在ではありましたが、いくつかの村を訪ねることができ、村や棚田の風景を満喫しました。棚田は世界危機遺産にも登録されています。これ程の規模で各地に広がる棚田を維持していくのは本当に大変な仕事です。イフガオの人々の功労を称え、この美しい棚田の景観が守られることと、共に彼らの生活もより良くなることを願いこの地を後にしました。

ユーラシア旅行社で行くフィリピンツアーはこちら

| | コメント (0)

2014年8月13日 (水)

浮島に暮らすチチカカ湖の人々(ユーラシア旅行社で行くペルーツアー)

先日、ユーラシア旅行社の「ペルー、マチュピチュ・ナスカ・チチカカ湖と聖なる谷 10日間」より帰国しました。
ペルーの有名な観光地ばかりを巡るツアーですが、そのうちのチチカカ湖はボリビアとの国境付近に位置するため、少々アクセスの不便な所にある観光地というイメージがあるかもしれません。
マチュピチュもチチカカ湖も両方訪れるならば、マチュピチュから一旦クスコへ戻り、そしてクスコから陸路で約390kmを走ってチチカカ湖へ向かうことになります。
長い移動ではありますが、道中には小さいながらも魅力的な町々や名所が点在しています。
巨大な丸いパンが名物の町、クイ料理の店が並ぶ町、屋根瓦の素焼き工房、インカ時代の関所、標高4335mのララヤ峠等です。
ペルーツアー
そうして辿り着くチチカカ湖は、標高3800mに位置し、琵琶湖の約12倍もの大きさを誇り、ペルーとボリビアの2ヶ国にまたがって広がっています。
ペルー側のプーノという町の周辺には、トトラ葦で作られた浮島が約60もあり、今でもそこで生活をしている人々が大勢います。
プーノからボートに乗り、湖上の運河をおよそ30分も走ると、そのトトラ葦の浮島の数々がいくつも視界に飛び込んでくるようになります。
メインの島には住人にとって必要な機関が揃っています。
小学校(中学校以降は本土の学校へ通うようになります)、クリニック、銀行、ホテル、レストラン等。
そしてその周りに住居用の島々があり、この島々を総称して「ウロス島」と呼んでいます。
そのうちの1ヶ所に上陸すると、チチカカ湖に住むアイマラ族の言葉で、「カミサラキ?」(元気ですか?)と言われながら歓迎してくれ、同じくアイマラ語を使って「ワリキ!」(元気です)とこちらも返事をします。
島に足を踏み入れると、ズブッと少し葦にめり込む、不思議な感覚を味わいます。
トトラ葦の島の上には中央に広場のようなスペースがあり、その広場を囲むようにして、トトラ葦で作った家が4~5軒建っています。
広場にあるトトラベンチに腰かけて、チチカカ湖の全容や、いかにして浮島が造られるのかを、島の人々が作ったミニチュアを用いて教えてもらいます。
島は一度作ってしまえば、20年はもつのだそうです。
ただ、浮島が流されてしまわないように湖底に杭を打ち込んでロープでしっかりと繋いだり、トトラを何重にも交互に積み重ねたり、その苦労は計り知れないものです。
ペルーツアー
プーノ周辺は、チチカカ湖の中でも水深が浅いので、こうした作業が比較的容易な場所だと、昔の人々が発見したのでしょう。
主食になる食べ物は湖に生息する魚や鳥を獲って調理します。
そして住居内も見せてもらえるのですが、トトラ葦で隙間なく頑丈に作られており、中には厚手の織物や毛布が沢山積まれているので、夜でも暖かく過ごせそうです。
トトラボートはとても可愛らしい形をしていて、これもトトラ葦だけで作られているのですが、2階デッキに上がってもビクともしない頑丈さです。
団体客を乗せて、手漕ぎで進むので、目的地に辿り着くまではかなりの時間を要しますが、のんびりとチチカカ湖遊覧を楽しみました。(飯岡)

ユーラシア旅行社で行くペルーツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

大コーカサス山脈の懐、スワネティ地方を訪ねて

Photo_2先日、「大コーカサス山脈の懐スワネティ地方とコーカサス三国物語 16日間」より帰国致しました。コーカサス山脈に抱かれた、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニアの三ヵ国をバスで大横断。
車窓からの4000mを超える山々は、季節ごとに顔を変え、何度行っても見入ってしまいますが、この時期は格別です。
ポピーやデイジーなどの野花が咲き乱れ、野原を美しく彩ります。5
首都は他のヨーロッパ都市と変わらず、お店が立ち並び、多くの人や車が行き交いますが、少し郊外に出ると、牛やヤギ、豚が草を食むのどかな風景。
のんびりした田舎町では、車の通る道路でもお構いなし。道路の真ん中でぐっすりお昼寝中の牛にクラクションを鳴らしながら、バスは、大コーカサス山脈の懐スワネティ地方へ。
 
 

続きを読む "大コーカサス山脈の懐、スワネティ地方を訪ねて "

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

エジプトの今 ~革命から2年が経ち~

Abusimbel先日、ユーラシア旅行社の「ナイル河クルーズと悠久のエジプト 10日間」のツアーより帰国致しました。
エジプトといえば、2011年2月11日「アラブの春」により、約30年も独裁体制を敷いてきたムバーラク政権が崩壊しました。あれからちょうど2年が経ちますが、私たちのツアーの出発前にも反政府デモのニュースが日本にも飛び込んできました。現地の情報によると、ほとんどの観光地では影響がないというものの、カイロにあるエジプト考古学博物館はデモ拠点の1つタハリール広場の近くにあることが懸念材料でありました。通常デモは金曜日の午後に行われ、私たちは翌日の土曜日に訪れる予定なので、デモに伴う博物館閉館の可能性はあまり高くはないもののゼロではありません。兎にも角にも「安全第一」を胸に出発致しました。

続きを読む "エジプトの今 ~革命から2年が経ち~"

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

20通りもある!砂漠の民ベドウィンのスカーフの巻き方(ヨルダン)

Photo_2

ユーラシア旅行社の「薔薇色のペトラと死海を楽しむ 8日間」から帰国しました。
今回のガイドさんはベドウィンの家系の方で、バスの中でスカーフを実演で巻いてくれました。上から

「アラファト議長巻き」、「ラクダレース巻き」、「アラビアのロレンス巻き」、「防寒・防砂巻き」です。少し怪しいけどサングラスをしたら完璧に顔が隠せて寒さや砂を防げます。

砂漠の民であるベドウィンは聖書のアブラハムの子、イシュマエルの子孫といわれており、アラビア半島に広がっています。ヨルダンには約百万人のベドウィンがいます。これはヨルダン全人口の約6分の1にあたります。近年は定住化が進んでおり、昔ながらの移動生活をしているベドウィンはそのうちの16%くらいしかいないそうです。

Photo_13

ベドウィンファッションのトレードマークであるスカーフ、これはケフィヤとかシュマグなどといいますが、日光や砂を防げる、砂漠に暮らすベドウィンには恰好のアイテムです。ヨルダンを旅していると3種類のスカーフを見かけるかと思います。赤いチェックのスカーフを巻いているのはヨルダン人、黒いチェックはパレスチナ人(ヨルダンの人口の半数を占めるのはパレスチナ難民なのです)、真っ白のものはその他のアラビア人です。

Photo_14

Photo_12

ヨルダン人が着ける赤いチェックのスカーフはアラブ独立戦争の時代、1916年位からあるそうです。赤は、国王のハシミテ家の色です(ハシミテ家はイスラム教の預言者ムハンマドの子孫でとても由緒ある家系です)。チェックに見える柄はオリーブの実の模様をあしらっており、縁近くにはオリーブの葉っぱの模様もあります。これは、「平和」を表しているそうです。ヨルダンに行くとよく目にするベドウィンのスカーフですが、機能的な上に深い意味をもっていました。(名倉)

ヨルダンのツアーはこちら

 

続きを読む "20通りもある!砂漠の民ベドウィンのスカーフの巻き方(ヨルダン)"

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

シルクロードの町に酔いしれて~ヒワの街歩き~

先日、ユーラシア旅行社の「サマルカンド・ヒワ・ブハラ世界遺産周遊の旅8日間」の添乗より帰国致しました。
このコースは、ウズベキスタンの世界遺産全てを訪れる他、民族舞踊や名物料理もお楽しみ頂ける内容です。17世紀の面影を残すヒワ、イスラム世界で政治経済の中心として栄えたブハラ、そしてブルータイルが美しい中央アジアの中心都市サマルカンドなどを中心として、ウズベキスタンの魅力をたっぷりと味わって参りました!
Photoそこで、今回はヒワの町をご紹介します。この町は、外敵の侵入を防ぐために外壁と内壁の二重の城壁で囲まれており、内城はイチャン・カラと呼ばれています。四方を砂漠に囲まれながらもアム・ダリアの肥沃なデルタ地帯であるホレズム地帯に人が住み始め、農業を始めたのは、4、5千年も前のことだというので、ヒワの歴史も恐らく古いと予想させていますが、記録からは、8世紀に存在していたことが知られているだけです。ヒワが発展したのは、都に定められた16世紀からです。特に奴隷市場が盛んで、今でもその面影を残す建物が残っています。

続きを読む "シルクロードの町に酔いしれて~ヒワの街歩き~"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧