2014年4月 1日 (火)

【共通テーマデー】 ~一度は行ってみたい世界の絶景~(ユーラシア旅行社で行くクルーズツアー)

ユーラシア旅行社で探検船を作りました。

限定100名様100万円で世界一周サバイバルツアーにご案内します!

………………。
……………………。


すみません、エイプリルフールなのでちょっと書いてみました。

さて、気を取り直して、
共通テーマということで、今回は

「一度は行ってみたい世界の絶景」

今回はあるんですよ。しっかりと!
それはですね、ここです!ばばーん

_1亜南極の孤島  サウス・ジョージア島です。

ここにはですね…なんと世界で2番目に大きなペンギン、
キングペンギンと出会えるのです!


キングペンギンは1m以上もある大きなペンギンです。大きいだけあって?11月、子育てシーズンになると、縄張りのサウス・ジョージア島は子ペンギンと大人ペンギンの大きな大きな営巣地を築くのです。

写真はまさにそれです。

Photo キングペンギンは世界で1番目に大きなコウテイペンギンとその姿かたちはよく似ているのですが、
なぜか赤ちゃんはといいますか、水に入って泳げるようになるまでは、
ふわふわの産毛に覆われています。
どのペンギンの赤ちゃんもそうなのですが、ふつうは何となく産毛の色が親ペンギンに似ているものです。

ところがなぜか、キングペンギンの赤ちゃんはこんなに不思議な茶色いもふもふな姿なのです。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

【共通テーマ】【共通テーマデー】緑が美しい季節 ~アマゾン源流リバークルーズ~(ユーラシア旅行社で行くクルーズツアー)

気が付いたら3月で、お雛祭りが終ってました。

2月は大雪に見舞われたり、ソチオリンピックで夜更かししたり大変でしたが、
いつの間にか梅も咲き、春が近づいています。

春が近くなれば、あっという間に初夏。
緑が美しい季節になります。

というわけで、今月の共通テーマは「緑の美しい季節」です。

実をいうと、真っ先に思い付いたのは7月のドナウ河クルーズなんですが、ちょこちょこ話題に出していたので、今回はあえて、季節感があまりない地域にしました。


そう、アマゾン河クルーズです。

At 昨年12月に初コースとしてご案内させていただきましたが、
とても好評いただきましたので、今年も多くの方にご興味を持っていただきたいなぁと思います。


アマゾンというと、ブラジルの印象が強く、対岸が見えない大河という印象が強いと思います。でもその川の源はペルーにあるってこと、ご存知ですか?

と申しますのも、大河アマゾンもいくつかの川が寄り集まり、やがては大きな大河になるわけで、そこに至るまでにいくつもの名を持つ川たちがいます。

そして、ある地点で、大河はついに一つに合流し「アマゾン河」の呼称で呼ばれるわけです。

そしてまさにその始まりの地点に行っちゃおう!

というのが今回のリバークルーズです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木)

ソチオリンピックと船の意外な関係

皆様、今年はオリンピックイヤーですね。

Photo_6


オリンピックの時ばかり、にわかスポーツが好きになってしまう、…わけではないんですが、
オリンピックだと、めちゃマイナー競技などがきちんと放映されたりするので、
私は結構好きです。

日本ではスキーの葛西選手やフィギュア・スケートの各選手、スピードスケート、モーグル、スノーボードがクローズアップされがちですが…、

一見地味に見えるボブスレーの鈴木選手も40歳!という大ベテランの方が
パイロット(一番前に乗る人)を務めます。
これも一見後ろの人は乗っかっているだけのように見えるのですが、
タイムを上げるために体を小さくしたり重心の位置を気にしたりと、かなり繊細な競技です。

私としてはフィギュアスケートももちろん大注目ですが、
密かに注目しているのが、…

バイアスロン

です。

雪の中をスキーで走って、疲れた体で射撃をする…。

何ともストイックな競技。
雪の中で狩りをしていたことがこの競技の起源だそうですが、
射撃を外すと、ペナルティとして
余分に走ったりタイムが加算されたりして、かなり過酷。

日本人選手は自衛隊の方が出場していますが、
男子は過去にワールドカップで10位にまで食い込んでます。

今回もぜひ頑張ってほしいです。

おっと、かなり熱く話してしまいましたが、本題はそこじゃありませんでした。

本題はですねぇ
このニュースです!

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20140130-OHT1T00042.htm

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

共通テーマ~春の訪れを感じる風景~

一月がどたばた過ぎてゆきました。

なぜどたばた過ぎたかといいますと、はやりのインフルエンザになってしまったためです。

検査した時のお医者様が、なぜかとても嬉しそうに
「あたっちゃったね~」
とニマニマしていらっしゃる中、
「ノォ~」
と叫んでしまいました。
きちんとお薬を飲み、きちんと自宅療養していたら、時が過ぎて2月になってしまいました。

そして、共通テーマデイがやってまいりました。

春の訪れを感じる風景…。


春というと、どうしてもお花のイメージがあります。
日本人ゆえですかね。

Cochem_02


海の上ではなかなか季節を風景から感じるのは難しいかもしれません。
また、地域によっては四季がほとんどない場所もあります。

そうするとですね、お話に出てくるのは
欧州のリバークルーズかな?と思います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

共通テーマ「旅先で記憶に残った色彩」:南極で見つけたオレンジ(ユーラシア旅行社のクルーズツアー)

新年一本目のブログは共通テーマです。 

共通テーマもだんだんテーマが難しくなっておりまして、
新年早々から頭を悩ましているクルーズコンサルタントです。

ちなみに今回のお題目は……

「旅先で記憶に残った色彩」

クルーズのブログとしてはここはやはり
「海の青」
としたいところではありますが…うーん…。


ちょっと面白みがないと思いませんか?

というわけで今回は船上から見た印象的な色彩をご案内したいと思います。

まずはオンシーズン真っ盛りの南極!
今年ご参加できなかった皆様、4月あたりには2015年のツアーを発表する予定です!

南極というと、皆様「青・白・黒」の世界と聞いたことはありませんか?
私もその通りだと思うのですけど、
自分が添乗したツアーの写真を見直すと、
意外にも印象に残っていた色がありました。

110117tny3
それはジェンツーペンギンのくちばしの色、「オレンジ」です。

南極半島、そして大陸の端っこにはたくさんのペンギン達がいて、まさに1月-2月は子育てシーズン!

子供たちが好奇心旺盛に歩き回り、
「5m以上近づいてはいけない」という
人間たちのルールを公然と無視して、危険も顧みず、
見たことのない大きな生き物(人間)の後背に突進してくることもあります。

人間の子供もそうですが、子供とはあなおそろしや。恐怖心とか、警戒心が好奇心を上回ってしまうのですね…。

そんなやんちゃな子供たちも親が餌を持って営巣、ルッカリーへ戻ってくると、親から餌をねだります。
そんな時、オレンジ色の嘴で餌を与えたりもらったりしてじゃれあっているジェンツーペンギン達はとても愛らしいのです。


色彩の少ない南極ではなぜかあのオレンジ色のくちばしは印象に強く残りました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 日ごろはこの「船の旅便り」をご愛顧ください...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

パナマ運河横断とバケーション

「パナマ運河」

131111tcp9_8


私が初めてクルーズ旅行を取り扱い始めたころから、ユーラシア旅行社での
密かな人気商品でした。

パナマ運河に新しい運河ができるとささやかれ、それが大きな客船の通過を可能にするらしいと噂が立ち、船体ギリギリの幅の閘門を通過するスペクタクル感がなくなると騒がれてから早●年。

とうとうパナマ運河は新しい運河が出来上がりそうです(あくまでも私見です)。
まぁあと2-3年はかかるかもしれませんが。

今回このコースへ行かれた添乗員さんからは、
「旅行というよりバケーションを自分流に楽しむ方が多かった」

という、感想を頂きました。

なるほど…
「バケーション」を楽しむ…

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

【共通テーマ】大切なお土産(ユーラシア旅行社で行くスーダンツアー)

さて、2013年最後の共通テーマは「大切なお土産」ということです。

お土産…

それは旅行へ行く人にとって、時には荷物を重くし財布を軽くする面倒なものあり、
時には購入意欲が大いに刺激される夢のような至福の時間を体験できたりする、
辛くも楽しい瞬間を、そして確かにその場所へ訪れたことを証明してくれるようなもの、
ではないでしょうか。

個人的にはお土産はともかく、外国でお買い物をするのは大好きです。
特にイスラム圏で購入したアクセサリーは、
日本ではなかなかないデザインだったり、色合いだったりします。

旅行の最中に服が足りなくなって購入したこともあります。
少ない予算の中で、ショップを巡り、試着する…日本と変わらない行動をとるのも
旅の楽しみといえるでしょう。

というわけで、改めて「大切なお土産」といわれると、さてなんだろうか?と思います。

いろいろ考えましたが、今回は…

「エジプトのヌビアンアクセサリー」

にします。


091226ie08_2_2皆様の中で、クルーズは嫌いよ、という方でも
エジプトのナイル河クルーズは体験したことのある方は
多いかと思います。

ヨーロッパのリバークルーズほどではありませんが、
多くの船が就航し、ここ10年でものすごく快適に過ごせるようになりました。



今は、現地の治安事情でツアーを行っていませんが、
アラブの春がいったん落ち着いた直後に、ナイル河クルーズツアーへご案内したことがあります。

久しぶりのエジプトに心躍らせたのですが、
現地では観光客が激減しており、お土産物屋さんも経営が苦しかったようです。


2                                                            ツアーではナイルの南、ルクソール近くでヌビアの方々の伝統的な帆船でクルーズと
ヌビアンダンスや歌を楽しむのですが、
そこはエジプト、オジサマやお兄様方の熱いダンスと歌の後、
「妻と娘が作った」「姉と妹が作った」とかわいらしいアクセサリーを広げます。

もちろん好みのものがあれば買ってもいいですし、
なければ「ごめんね」で構いません。

かわいらしいデザインの写真のブレスレットは、なんと1-2USドル!
木製でしかもよい香りがします。「安くするからさ、ちょっと買って行ってよ」というオジサマ達の無邪気な顔に、ついつい財布のひもが緩みます(5ドルくらい)

Img_1667というわけで、日ごろから親のアクセサリーをいじっては破壊してしまうという、友人の子供にあげようかと思いまして、いくつか購入しました。
(写真のアヌビスのペーパーナイフは違います)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

女王の魅力 QE2 ツアーリポート

気が付けば七五三も終わりましたねぇ。

11月の行事はあまりありませんがそれというのもいよいよやってくる師走、
そう12月のためなのでしょうかね。。。

というわけで、キュナードラインのQE2のツアーから添乗員さんが帰国しました。

キュナードの魅力を聞いてみたところ、

1310_cruise_792
「あの赤いラインの入った船体がたまらない

あの船に乗船しているというだけで、気持ちが高揚する」

とのことでした。

なるほど…。各船会社が、自社とすぐ分かるように船の外観のデザインというものはある程度決まっています。

しかしながら船を知らない人から見たら、なかなか外観だけで船の会社わからないいこともあるかもしれません。

けれども、キュナード社のこのライン、そしてこの配色。この赤!
これは船を知らない人にもインパクト大!

しかも、キュナードは知らずとも、
「クイーン・エリザベスⅡ」号の名を聞いたことのない方は少ないでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

【共通テーマデー】私の好きな小村~イア~ (ユーラシア旅行社で行くギリシャツアー)

またもや月初めがやってまいりました。
共通テーマ…

今回のテーマは!

「私の好きな小村」

ばば―ん…。

11
今回はですね、悩みませんでした。
船の旅で大人気のエーゲ海はサントリーニ島にあるイア!

ぜひともここをご紹介したかったのです!

皆様、古代アトランティス大陸の伝承をご存知ですか?
サントリーニ島はまさにそのアトランティス大陸が沈んだ後、島になったのではないか、と言われている場所でもあり、
古代のロマンと島からの美しい景観で大人気の観光地です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«あっという間に11月