« たまには・・・? | トップページ | クルーズグッズ »

2010年3月17日 (水)

近況報告~地球の裏側のアマゾン川クルーズへ~

3_2 クルーズコンサルタントの部下さんが今、アマゾン川クルーズへ添乗へ行ってから早くも一週間がたちました。(参考「アマゾンクルーズへ行ってきます」)

まぁこの方も、弊社ではまだ数の少ないクルーズコンサルタントの一人なんです。とりあえず社内で一二番を争うくらいクルーズが好きなコンビ(を別に組んではおりませんが)ということになっております。
そんな部下さんから待望のメールが届きました。

「日本の裏側でアマゾン川をクルージング。」

日本から36時間、ブラジル・イグアスの滝から始まった今回のツアーも1週間が過ぎました。
ブラジルは夏の盛りが過ぎたとはいえ、寒の戻りがあった日本と比べると20度以上の気温差があります。
通常のツアーだったらバテてしまいそうなので、「やっぱりクルーズでよかったなー」と感じています。


さて、3月13日にロイヤル・プリンセス号に乗船後、アマゾン川下りが始まり、15日には中洲の小さな町パリンチンスに寄港しました。
この町は毎年6月下旬に開催される「ボイ・ブンバ」という祭りが有名で、日本ではあまり知られていませんが、ブラジルではリオのカーニバルに次ぐビッグ・イベントだとか。
町が青と赤の2チームにわかれて、踊りや創作オペラ、味方チームへの応援や相手チームへの野次までをも競うあうのが特徴だそうです。数多くの団体が踊りを競い合うリオのカーニバルとは少し異なります。
2 ちなみに、この祭りにはコカ・コーラ社が出資をしており、世界で唯一の「青いコカ・コーラ看板」はこの町の名物です。

現在サンタレンへ向かっているロイヤル・プリンセス号ですが、河口までは残り1,000km。大西洋は今だはるか遠くです。
クルーズライフの快適さに早くも浸っていますが、すでに我が家のように部屋がちらかってしまい、明日あたりに少し片づけをしなくてはなどと考えています。
でも!クルーズは一度体験すると止められないなぁと感じる、今日この頃です。

1 P.S.「ジャックとローズinタイタニック」
乗船後に早速覗いたアトリウムの階段ではジャックに出合えませんでしたが、今晩催された映画ミュージックのショーに登場していました。
セリーヌ・ディオンの曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」にのせて・・・。
甲板の手すりをイメージした小道具もポイントです。

メールからも楽しそうな雰囲気が伝わってまいります。
青いコカ・コーラの看板が存在するなんて!しかもアマゾンの街にです。
部下さんにはキャビンの写真をお願いしておりましたが、あっという間にお部屋を散らかしてしまい、写真どころではなかったと見受けられます。
出来れば生活観溢れる?キャビンの写真をいただけると、より一層の臨場感があるでしょう。

今回、部下さんが乗船しているのはロイヤル・プリンセスという船です。この姉妹船の試乗会のレポートの部分を読んでいただきますと、より一層、メールのP.S.部分の内容をご納得いただけるでしょう。

アマゾンを抜けてカリブ海へ向かうこのツアー、次回はどこからレポートしてもらえるでしょうか?
楽しみですね。

まだまだ道のりは長いので、ここから部下さんとクルーズライフを楽しんでいるお客様方ににとりあえずエールを送りたいと思います。
がんばってください~。

|

« たまには・・・? | トップページ | クルーズグッズ »

現地から」カテゴリの記事

プリンセス・クルーズ」カテゴリの記事

アマゾン」カテゴリの記事

南米」カテゴリの記事

カリブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには・・・? | トップページ | クルーズグッズ »