« 北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART② | トップページ | 北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART④ »

2010年11月26日 (金)

北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART③

ピアリーが大所帯で北極へ向かいましたが、途中でどんどん隊員と犬を戻すという方式を採りました。
北極へ向かうには自分たちの防寒服にテント、犬の分も含めた日数分の食料が必要でした。往復を考えれば膨大な量です。最初の大所帯は幾つかのポイントを通過するごとに犬ぞりでグリーンランドへ(もしくはカナダへ)戻れば、食料やこまごましたものは進むにしたがって軽くなり、スピードも速くなる、というわけです。

グリーンランドから、ピアリーはこの方式で順調に進んでおりました。

さてさて一方で、こういう話がありました。
ピアリーが船上から北へ向かいグリーンランドへ到達したとき(だったと思います)、とある捕鯨船の会社経営者(名前を失念してしまった)が、帰路のためにピアリーの船に同乗を希望したわけです。


このときにこの人が、なんとクックと北極圏で出会い、彼が北極点へ到達したと聞き、さらにその資料の一部を預かったのだといったのです。
ピアリーは、彼に、船に乗りたくばクックの資料をおいていくように求め、それらは雪下に埋められてしまったのだとか。


さて、北極点まで残り250km.のあたりでアメリカ人は3人でした。
ピアリー、黒人の召使ヘンソン、ルーズベルト号の船長(北極点までの方向を正確に図ることの出来た人)です。
この時点で、ピアリーは船長を帰すわけですね。

そして・・・この5日後、彼は北極点へ到達したと報告し、写真撮影を行ったのです。
さてここで、問題が生まれます。

なぜ、彼は船長を帰して、北極点へ最短の道を取れたのか?
大きな疑問が生まれました。

そして、彼が帰国したときに、少し早めに帰国したクックが、一年前に北極点へ到達したのだといい、熱烈な歓迎を受けていたのです。
ピアリーの苛立ちは頂点に達したことでしょう。

さて、ここからが北極点到達論争の始まりになるのです。
というわけで続きます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
にほんブログ村

|

« 北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART② | トップページ | 北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART④ »

南極・北極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART② | トップページ | 北極点到達を最初に果たしたのはだれ?PART④ »