« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月16日 (土)

南極への船旅~終に南極上陸~

さて、南極クルーズのリポート最終回です。
いよいよ上陸の様子を語ってもらえそうですね。

Ant1_2「最終回の今日は、南極ツアーのハイライトである、南極大陸上陸についてご紹介しましょう。

終にやってきた南極大陸上陸前夜、南極を知り尽くした現地チームのリーダー、シェリーが突然ある提案をしました。

「明日はいよいよ南極上陸。上陸した瞬間、一番その喜びを表現できた人にプレゼントを贈呈しましょう!」

そして、その日がやってきました。お客様は、いつものように完璧なる防寒装備。全員に用意されるパルカと呼ばれる防寒着に加えて、手袋、防止、マスク…上陸などの船外活動は、全てゾディアックボートと呼ばれる、特殊なゴムボートで行れます。南極本土に到達するまでに、南極海探検や南極半島周辺の島への上陸などで、ゾディアックボートの乗り方も、すっかり上達しました。カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アルゼンチンなどから結集した極地旅行の専門家が、それぞれのボートの船頭も努めます。国境も何もない南極に相応しく、まさにボーダレスなチームなのです」

Ant4南極には人工の港は当然ありません。ゾディアックボートで沿岸に着いたら、スタッフの腕を掴んでボートを降りるのです。
一隻に10人程度ですので、操縦スタッフは時には何度か船と岸を往復しますので、顔をマフラーとゴーグルでしっかりと覆います。

「少し雲が垂れこめる天気の中、小さな波をいくつも超えて上陸地点を目指します。そして、砂利状のビーチに着岸。ゴムボートから降り、終に南極大陸の地を踏みしめました。バAnt3_2ンザイする方、その瞬間を写真に収める方、じっくりと味わう方、シェリーにプレゼントをもらうためか大げさな表現をする方など、皆様それぞれのやり方で、南極大陸上陸を味わってらっしゃいました」

私達が行う南極クルーズは多くを南米の南にある南極半島の島々や美しい海峡を渡ります。その中で南極大陸側に上陸する機会は何回かあるのですが、氷の状態によっては上陸できないときもあります。(ここ数年あんまりないですが)
そのため、南極大陸に上陸できたときはやっぱりうれしいものです。

続きを読む "南極への船旅~終に南極上陸~"

| | コメント (0)

2011年4月13日 (水)

南極への船旅~船内生活~

お待たせいたしました。南極クルーズ日記、第二弾です。
前回は出発までのワクワク感とか期待感が溢れている内容でした。本日は乗船後の感動を読めるかと思います。

ではどうそ!

Ant1「さて、南極への船旅二回目の本日は、船内ライフについて、ご紹介いたしましょう。 南極への旅は冒険旅行です。もちろん大型クルーズ船で巡るカリブ海や地中海クルーズとは全くの別物です。けれども、南極という極地への旅との心構えを持ってご参加頂いたお客様からのご感想は決まって「南極への船がこんなに快適で、整っているなんて驚きです」というものなのです」


確かに!最近は高級な小型船が南極仕様の船となっているものが多いのです。

「まず、船内の楽しみと言えば、やはりお食事。今回、ディナーは毎回スリーコースメニュー。もちろん前菜からメイン、デザートと全てお選び頂き、スタッフがお持ちします。朝食や昼食でも、船内で焼き上げた出来立てのパンやデザートがずらりと並びます。そして忘れてはいけないのが、チャーター船だから実現できる日本人シェフの存在です。朝はお粥から、昼はおそば、夜はお寿司といつもメインのコースメニューに加えて日本の味を日替わりでお届けします。これには、日本の味が恋しくなるお客様から大好評でした」

船はバラエティ豊かとはいえ、やはり和食が恋しくなります。最近の船では和食(主にお寿司)の レストランが入っているクルーズ船も増えましたが、まだまだ少数派感は否めません。
気兼ねなく和の味も楽しめるのはチャーター船ならでは。何日間も共に過ごすシェフも、皆様にお楽しみいただけるよう、かなり頑張っているのでしょう。

続きを読む "南極への船旅~船内生活~"

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

南極への船旅(ワクワク出発編)

桜も咲き始めて、寒さから少し脱したような陽気です。
寒かった冬の日が懐かしく感じられる?ように、そして、来年の冬のために、今年の一月、の南極クルーズの添乗員さんに想い出を語って頂きました。

「今年もユーラシアの「南極への船旅」が催行されました。

「南極」という言葉の響き。
その音の広がりの中に、いくつもの疑問や好奇心が生まれきます。

Ant1 そもそも、南極にツアーなどで行けるのかな。
冒険家とまではいかなくても、一部の強靭な体力の持ち主のみに許された世界ではないのかな。
一体、南極に行き帰ってくるまでに、どれほど大変な目にあうのだろう。
いや、そもそも南極にまで行って、一体何が見られるの?

今回は、上記のような疑問に答えながら、究極の船旅とも言える南極ツアーの面白みを、思い出の場面を通して紹介していきたいと思います」

なかなか、期待を持たせる導入ですね。 ちなみに私も初めて南極クルーズへ行ったとき、やっぱりどきどきしたものです。

続きを読む "南極への船旅(ワクワク出発編)"

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

命の水~船旅と水とサイダー~

Mitsuya5 最近、ミネラルウォーターのペットボトルが見当たらない。ここ数年間、毎日2㍑のボトルを購入していたものとしては、ちょっと悲しい、と、たまたま呟いたらば、

「ミネラルウォーターがないならガス入りのお水を飲めばいいじゃないか」

とまるで某国の王妃様(「パンがなければお菓子を~」実際は、彼女の夫の叔母が言った言葉らしい)のように、言われてしまった。

なるほど、そういえば皆様、そもそも「ガス入りの水」って、ヨーロッパでよく見かけますが、飲んだことはございますか?

私は初めてヨーロッパへ行ったとき、朝食でガス入りの水を初めて口にしたのですが、さほどおいしいとは思いませんでした。

今は、ヨーロッパやそれ以外の地域でも添乗の時には、割とよく飲みます。
クルーズ船でも、基本的にガス入りとガス無しのお水が2種類用意されていることが多いです。
なんとなく、飲み続けているうちに嵌ってしまう、「ガス入りの水」。
この歴史、というには大仰ですが、と船の関係をお話したいと思います。

続きを読む "命の水~船旅と水とサイダー~"

| | コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

【共通テーマデー】私のパワースポット

Dbr3 共通テーマデイです。

私のパワースポット。

皆様は海外のどんなところへ行ったら、元気になれますか?
宗教的なところはすがすがしい気持ちや、穏やかな気持ちになれます。

以前、リオのカーニバルのツアーに添乗へ行かせていただいたときには、其の激しさと熱気にものすごくパワーをもらいました。

私にとっていろいろなところが「パワースポット」となりますが、今回はいろいろ考えた結果、海の女王に相応しいドブロブニクのお話をさせて頂きたいと思います。

続きを読む "【共通テーマデー】私のパワースポット"

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »