プルマントゥール

2011年5月 2日 (月)

【共通テーマデー】私の好きな山~スペイン最高峰テイデ山~

Monte_teide4 共通テーマデーはいつも悩みます。最近は山ガール言葉が生まれ、山での合コンなるものまであるというくらい、山が人気。社内にも、山ガールが沢山?おります。
しかしながら、私こと、クルーズコンサルタントは山が「苦手」…です。

もちろんハイキング添乗にも行きますし、嫌いではないのですが、海よりは苦手です。
そんな私が、密かに愛する山は、大西洋に浮かぶ楽園、カナリア諸島のテネリフェ島にある「テイデ山国立公園」。

ここは、大体3700メートルのスペイン最高峰の山です。
常夏な島で唯一?雪が降る場所でもあります。

なぜこの山を愛するか?それは…

続きを読む "【共通テーマデー】私の好きな山~スペイン最高峰テイデ山~"

| | コメント (0)

2010年4月24日 (土)

バルト海クルーズの説明会終了!

本日、無事にバルト海クルーズの説明会が終了しました。

頑張って編集しました船内DVDも無事に流れ、一安心いたしました。

何よりも大手さんの中で一番手にお話させていただいたのですが、「ユーラシア旅行社」の名前を知ってくださっている方が少しいらっしゃったことが嬉しかったです。

ユーラシア独自のカラーを大切にしつつも、こういう場で新しいお客様に出会えるチャンスはとても大切だと感じました。

| | コメント (0)

2010年4月23日 (金)

バルト海の珠玉の街へ!

Photo_10 明日はリクルート社の「コレカラ」という雑誌が主催する説明会に参ります。
かなりどきどきで、今、もう一人のクルーズコンサルタント氏とおでこをつき合わせて最後の調整をしています。

ユーラシアは大変ありがたいことに、バルト海クルーズの紹介をさせていただくことになったのです。

バルト海といえば、帝政ロシアの頃、日本が明治の頃、ロシアのバルチック艦隊が日本に向けて出撃したのですが、まさにバルチックの由来はバルト海なんだそうです。

なんとなく、私たち日本人のヨーロッパの観念は地中海へ向きがちですが、中世から近世にかけてのかの有名な「ハンザ同盟」の都市はまさにこのバルト海の沿岸に点在していたのです。
ハンザ同盟とは、各都市が商業だけでなく軍事的、政治的な繫がりも持ったため、15世紀あたりの北ヨーロッパ経済において、かなり見逃せない大きな勢力となり、ハンザ同盟に加入している都市はまさしく「国家」的な立場にあったようです。

船を駆使し、北の琥珀を求めて、南の小麦を求めて、時には海賊に会いながら、中世の商人たちの浪漫は尽きることはなかったのかもしれません。

続きを読む "バルト海の珠玉の街へ!"

| | コメント (0)