2017年3月21日 (火)

『忘れられた音楽ー禁じられた作曲家たち』

皆様、こちらの作曲家をご存じでしょうか。
マリウス・フロトホイス、ヘルベルト・ツィッパー、ベラ・バルトーク、ミェチスワフ・ヴァインベルク、ハンス・ガル・・・
いずれも19世紀後半から20世紀にかけての作曲家です。
耳馴染みのない名前ばかりではないでしょうか。強いて言えば、この中ではバルトークが有名でしょうか。
これらの作曲家たちは、『忘れられた音楽ー禁じられた作曲家たち』と題して、花咲く上野の森を舞台に行われる音楽祭ー『東京・春・音楽祭』の4日目のプログラムで取り上げられました。
ナチスによって職を失ったり、祖国を追われた作曲家たちです。
マリウス・フロトホイスは、オランダ生まれで1942年、アムステルダムのコンセルトヘボウ楽団の芸術監督のアシスタントとなりました。しかし、ナチスドイツの占領下にてドイツへの服従を拒否したためにその座を解雇されました。
ウィーン生まれのヘルベルト・ツィッパーはユダヤ系だったため、ダッハウ強制収容所に連行されました。そこで『ダッハウの歌』を作曲したそうです。幸いにも収容所から出ることができ、アジアへ。マニラ交響楽団の指揮者となり、戦後はアメリカへ渡りました。今回演奏された『弦楽四重奏のための幻想曲(経験)』は、1912年から、1994年までの、変わりゆく世界情勢に影響されるツィッパー自身の人生や故郷ウィーンへの想いがメロディーになって表れているようでした。演奏中に年代がスライドに表示されたので、それと重ねながら、歴史を辿りながら聴く珍しいスタイル。軍靴の音が聞こえてくる1938年では、バイオリン、ビオラ、チェロの旋律に息が詰まりそうな激しさを感じました。
民俗音楽研究家だったバルトークの『ハンガリー農民組曲』は、柔らかく優しいフルートの音色にうっとり。奏者はウィーン在住のウルリケ・アントンさんです。ナチスによって迫害された作曲家の作品を取り上げる代表的な演奏家だそうです。フルートは口と指だけで演奏するのではないのですね、全身使っての演奏。息が音のすべてですから、身体が楽器と言えるのかもしれません。すばらしかったです。
Image

このようなこだわりのプログラムで毎年私たちを音楽の世界へ誘ってくれるのは、「東京・春・音楽祭」です。
歴史や絵画と絡めたプログラムもあり、4/16までほぼ毎日開催されます。
例えば、今後はこんなプログラムがあります。

●3/23 国立科学博物館×東京・春・音楽祭
〈ナイトミュージアム〉コンサート ~展示空間で楽しむ多彩な音楽とトーク
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4239.html

●3/29 語りと音楽――永井荷風
~明治39年、荷風、ニューヨークにてワグネルを聴く
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4033.html

今年はシューベルト生誕220年ということで、音楽祭ではシューベルトの曲が多数取り上げられています。普段はあまり上演されないシューベルトの《ミサ曲》が必聴です!
●4/9 東京春祭 合唱の芸術シリーズ vol.4
シューベルト 《ミサ曲》
~夭折の作曲家による、最後のミサ曲
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4019.html

春祭締めくくりはこちら。
●4/16 スペシャル・ガラ・コンサート
~東京春祭2017 グランド・フィナーレを飾るオペラの名曲たち
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_4024.html

ちょっと敷居が高いクラシック・コンサートに二の足を踏んでいる方、
こちらの音楽祭はかなり良心的な価格で提供されています!
初めてのクラシックにも、マニアックな演目はリピーターさんにもお勧めです。
春の上野で音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。(河合)

東京・春・音楽祭公式HP
http://www.tokyo-harusai.com/

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

極東ロシア視察団旅日記(9)ウオッカ編その4

Img_2756

11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

しばらくお休み大変失礼いたしました。実は中国にいっておりました。よって、次回から急遽中国のお話です。
今日は「ウォッカ」のお話の続き。本来シベリア鉄道のお話の予定だったのですが急遽脱線。いきなりウオッカの話になり、そして、それが続いています。
「極東ロシア視察団旅日記(8)ウオッカ編その3」

さて、世界的ブランドのスミノフですが、日本へは長らく米国産がきていました。が最近は?実は韓国産です。スミノフの工場が韓国の利川(りせん・イチョン)にあります。京畿道の利川、このブログの読者なら陶磁器とお米が有名だということはご存じですね。かの「眞露」の工場もあります。
水がいいので美味しいお米が出来、そして美味しいお酒も出来ます。ちなみにスミノフは白樺の炭で濾過しますが、眞露は竹炭で濾過します。

さて、最後に。
アメリカのバドワイザーの故郷はチェコの南ボヘミア州のチェスケー・ブジェヨヴィツェ。チェコでもブドヴァイゼルがあるのはご存じの通り。「ブドヴァイゼル・ブドヴァル」ですね。
同様のことがロシアでも起こりました。末裔の方がブランドを復活。ロシア語表記で「Смирновъ」=スミルノヴィと称して販売しました。勿論、商標権の都合でロシア以外は販売していません。希少なウォッカです。

次回は急遽飛び入りで中国のお話です。

2

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」
極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」
極東ロシア視察団旅日記(5)鉄道編「食堂車」
極東ロシア視察団旅日記(6)ウオッカ編その1
極東ロシア視察団旅日記(7)ウオッカ編その2

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

極東ロシア視察団旅日記(8)ウオッカ編その3

スミノフ・サマーパンチ(写真提供Diageo Korea Co. Ltd)

11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

今日は前回に続き「ウォッカ」のお話の続き。本来シベリア鉄道のお話の予定だったのですが急遽脱線。いきなりウオッカの話になり、そして、それが続いています。
極東ロシア視察団旅日記(7)ウオッカ編その2

前回は日本でも有名なスミノフのお話でした。今日はその続きです。
スミノフの製造権と販売権が、1939年にワイルドターキーの製造元ヒューブラインに移ったところですした。
1940年に歴史的な出来事がおこります。1946年、バーテンダーのジャック・モーガン氏がハリウッドのサンセット大通りに面した“コックンプル”というレストランで、ジンジャービアとウォッカでカクテルを作りました。これが、モスコーミュール「モスクワの驢馬」の原型です。この時使ったウォッカは勿論スミノフです。なので、モスコミュールはスミノフで作るべし、という説もあります。

スミノフはその後、1982年R.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー、1987年イギリスのグランド・メトロポリタン社へと買収さら、そして1997年グランド・メトロポリタン社はギネス社と合併しディアジオ社となりました。
ディアジオ社は現在、ビールのギネス、スコッチのジョニーウォーカー、J&B、バーボンのIWハーパー、ジンのタンカレー、アイリッシュクリームのベイリーズなど錚々たるブランドを有する。変わったところではトルコのイエニ・ラク YENI RAKI ベトナムのネップモイNếp Mớiなども所有している。(一部説明ではテキーラのホセ・クエルボを保有とのことだが、間違い。買収に失敗し実際持っているのはドン・フリオ)
スミノフは世界的なブランドの一翼を担うことになります。

なかなか鉄道の話には至らない。

スミノフ新商品発売(写真提供Diageo Korea Co. Ltd)

(写真提供Diageo Korea Co. Ltd)

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」
極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」
極東ロシア視察団旅日記(5)鉄道編「食堂車」
極東ロシア視察団旅日記(6)ウオッカ編その1
極東ロシア視察団旅日記(7)ウオッカ編その2

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

極東ロシア視察団旅日記(7)ウオッカ編その2

ハバロフスクのスーパーにて
11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

今日は「ウォッカ」のお話の続き。本来シベリア鉄道のお話の予定だったのですが急遽脱線。いきなりウオッカの話になり、そして、それが続いています。
極東ロシア視察団旅日記(6)ウオッカ編

そこで、「モスコーミュール、ソルティードッグ、スクリュードライバーやブラッディメアリーはストリチナヤで作るのがクラシックなレシピです。」と表記したところ、「スミノフ」はどうなるのか、「モスコーミュールはスミノフで作るのが正しいのでは」とお問い合わせを頂戴しました。
ご存じの通り、この世界的なウォッカ「スミノフ」はアメリカのブランドです。ラムの「バカルディ」と並び、世界で最も売れている蒸留酒(スピリッツ)です。

1870年モスクワにてピョートル・アルセニエヴィチ・スミルノフがウォッカの木炭濾過法を発明しました。今日、ウォッカと呼ばれるものです。1886年には、ロシア皇室御用達となりました。アレクサンドル3世の時です。アレクサンドル3世はシベリア鉄道の着工をした皇帝ですね。

1917年のロシア革命二代目のウラジミール・ペトロヴィチ・スミルノフはパリへ亡命。パリは当時ロシア亡命貴族の中心地です。(現在でもロシア貴族協会の本部はパリにあります。)スミルノフはパリで販売を開始しました。ちなみに蒸留所はイスタンブール、後にウクライナのリヴィウに移動、後にパリへ。この時の販売ブランドがSmirnoff=スミノフとなり、これが世界ブランドへとなります。

1933年ニューヨーク在住の亡命ロシア人ルドルフ・クネット(Rudolph Kunett)がパリのスミルノフの元を訪れます。クネットは実はモスクワ時代にスミルノフへ原材料を卸していた穀物商でした。クネットは新大陸でのスミノフの製造権と販売権を得ます。クネットはの販売はあまり好調とは言えず、1939年にワイルドターキーの製造元ヒューブラインに経営権が移ります。

長くなったので今日はここまでです。

棚に並ぶスミノフ(ロシアではありません)

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」
極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」
極東ロシア視察団旅日記(5)鉄道編「食堂車」
極東ロシア視察団旅日記(6)ウオッカ編その1

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

極東ロシア視察団旅日記(6)ウオッカ編その1

お店に並ぶウォッカ
11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

今日は本来お待ちかねシベリア鉄道のお話の予定だったのですが急遽変更。ロシアと言えば「ウォッカ」です。(単にお客様からロシアのウォッカについての問い合わせがあったので気分はウォッカです。)
ウォッカといえばスミノフが日本では有名ですね。スミノフの薀蓄は多々ありこれまた話は尽きないのですがこれまた次回に。

よく、「どのウォッカが美味しいのかしら?」「どれがいいかなあ?」と訊かれます。
最近は色々なブランドが出てきました。実際人気なのはスタンダード(Russian Standard)=Русский Стандарт(ルースキースタンダルド)、ベルーガ(Beluga)などが高級ウォッカとしてロシア人には人気です。
が、敢えてここは、ストリチナヤ、ストロワヤ、モスコフスカヤの3種類を選びましょう。ストリチナヤStolichnayaはСтоличная「首都」という意味です。ストロワヤStolovayaはСтоловая「食卓」という意味です。3種類の中でこれだけが50度です(他は40度)。モスコフスカヤMoskovskayaはМосковская「モスクワの」という意味ですね。3種類とも全ソ食料品輸出入公団Soyuzplodoimport=Союзплодоимпортソユーズプロドインポルト(サユーズプロドインポルト)が輸入していました。そう、ソ連時代に外貨ショップ“ベリョースカ”「白樺」に並んでいましたね。「白樺」は日本にも銀座と新橋にありましたね。
ストリチナヤStolichnayaは例のスミノフと並んで世界中のバーテンに愛されました。モスコーミュール、ソルティードッグ、スクリュードライバーやブラッディメアリーはストリチナヤで作るのがクラシックなレシピです。

お店に並ぶウォッカ、ストリチナヤとモスコフスカヤ

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」
極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」
極東ロシア視察団旅日記(5)鉄道編「食堂車」

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

極東ロシア視察団旅日記(5)鉄道編「食堂車」

シベリア鉄道の食堂車
11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。
今日はお待ちかねシベリア鉄道のお話。憧れのシベリア鉄道。思いはいっぱい、薀蓄はい色々、話は尽きないシベリア鉄道です。

さて、上の写真はキャバ〇ラではありません(笑)。な、なんとシベリア鉄道の食堂車です。
ロシアに行かれたことのある方は「なるほど」と思いますね。ちょっと下品な豪華さが今流行です。
実はこれは夜なのでこんな色なのですが、昼はもっと上品になります。昔はクラシックな感じでしたが、今や、モダンな感じになりました。
メニューも随分モダナイズされましたよ。
あと、営業時間。これは「オケアン号」のものですが、深夜2時まで営業。眠れぬ夜なんか、ちょっと来て休憩ですね。
シベリア鉄道の長距離優等列車には食堂車が連結されています。実は世界中、観光客用の特別な列車を除いて、食堂車が連結されている列車は少数派になりました。この食堂車での食事もシベリア鉄道の醍醐味です。

シベリア鉄道の食堂車のメニュー

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」
極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」

Img_0814_2

11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

今日は観光のお話、アムール川です。アムール川とはロシア語の名前、日本語や中国語ではは黒竜江と呼びます。モンゴル語ではハラムレン、これがなまってアムールになりました。

この川は国境の川である。1689年のネルチンスク条約、1858年の璦琿条約、1860年の北京条約と幾度か国境線は変わった。その後、清国、中華民国、満州国、中華人民共和国と経て、2004年にようやくアムール川とウスリー川の合流点の黒瞎子島(大ウスリー島)の国境が策定した。大ウスリー島は天気が良ければハバロフスクから見ることが出来る。

11月なのに流氷で一面覆われていた。この氷が、日本海へ注ぎ、北海道へと至る。

Img_2666

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」

Img_2511

11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編

今日は武士道のお話です。と言っても何が何だかさっぱり分からないですね。
さて、1日も終わり、夜にちょっと買い物。近所のスーパーへ。とは言っても外はなんと零下8℃。道路も凍結しています。海外は街燈が暗いので懐中電灯片手に(マグライトなので万万が一の護身用かな)外へ。零下8℃だと氷が溶けないので道路が凍っていても氷が溶けないので滑りません。

目的のスーパーに着きました。ホテルからものの5分程度、明るくて綺麗なお店です。どちらかというとコンビニエンスストアかな。店に入ると、ななんと、酒類の販売は夜10時までと。あらら。ロシアに来る方はお気を付け下さい。夜10時以降はアルコールを売ってません。

Img_0733

棚を見ると結構日本の物が置いてあります。その中でびっくり、「武士道」。なんじゃこりゃ、と思ったら、インスタントコーヒー。ロシアでは人気のコーヒーだそうです。日本の商品かと思いきや(だって、プレミアム・コーヒーなんて書いてあるし)裏を見ると「スイス」とカタカナで。そうです。インスタントコーヒーの本場スイス製。(インスタントコーヒーは日本人がアメリカで最初に特許をとりましたが、産業的に成功したのはスイス)。

蛇足ですがこのコマーシャルがこれまた面白い。ご興味ある方は、 動画サイト(https://www.youtube.comなど)で"bushido coffee"と検索してみてください。

 

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編

Img_3183

11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。
前回のお話はこちら↓
「極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編」

今日は「キムチ」のお話です。皆様もご存じの通りキムチは朝鮮半島の食べ物。
ちなみに私達日本人はキムチ大好きで韓国の最大輸出先は日本です。
日本ではキムチというと白菜、せいぜい胡瓜や大根で、昨今、韓国料理が流行り、様々なキムチが食べられるようになりましたがまだまだ一般的ではありません。

ところがウラジオストクの市場では様々なロシア風?シベリア風のキムチが並んでいました。
冬が長いロシアでは漬物をつくります。キャベツや赤蕪(ビーツ)を始め胡瓜、人参、トマト、ニンニク、キノコの酢漬けが冬の食卓を飾ります。

Img_3184

ソ連時代からシベリアや極東には朝鮮族が住んでいてカレイスキー(高麗族)と呼ばれていました。戦後、旧日本領のサハリンや満州国に住んでいた朝鮮人もウラジオストクにやってました。
1980年代後半、自由市場が開かれるとカレイスキー(高麗族)のエスニックな料理だったキムチは一躍人気商品に、さらにソ連崩壊に伴って、韓国からの製品がなだれ込むようになり人々は韓国の食品も身近に感じるようになります。LOTTEのアイスクリームや「辛ラーメン」なんかも市場に並び始めました。
もともと冬は漬物だったシベリアの人々に、このスパイシーな発酵食品はとても好評。しかも野菜だけではなくシベリアの野山で捕れる山菜や野草も美味しいキムチになることも分かりバラエティに富んだキムチが作られるようになりました。
すっかり極東・シベリアではおなじみになったキムチ。酸っぱいロシアの伝統的な漬物の味にスパイシーな唐辛子。シベリア風キムチは、醗酵臭と大蒜臭おさえめのちょっと上品な味がします。

シベリアのツアーの魅力はこちらから

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編

軍用車でやってきた蜂蜜屋
11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。ロシア国営放送局やNHK取材陣も同行、視察のみならず現地の関係者との意見交流会も行われました。今年の5月にソチで開催された日露首脳会談で合意された人的交流拡大協力プランに基づき実施された視察団です。
さて今日はウラジオストクの市場に来ています。極東ロシアの玄関口、シベリアの東端に位置するウラジオストクについては後日紹介するとして、今回は市場のお話です。

産地直送の蜂蜜
皆様も日本中の世界中の市場に行かれていると思います。市場を覗くとその国が分かりますね。ウラジオストクの市場も勿論庶民の生活が分かります。肉に野菜、パン、缶詰、食器に雑貨、衣類、果てはガラクタやら中古の携帯電話やら様々な物が売られているのが市場。
今日は「はちみつ」のお話。上の物騒な軍用車で売りに来てますが、これぞまさに産地直送の証。何故なら、養蜂場はシベリアのツンドラ、タイガ、大自然の中にあります。大自然を走破出来るのはこの屈強な(見た目可愛い)軍用車だけ。零下40度でバッテリーが不動でもこの車はエンジンがかかります。
ロシアでは蜂蜜は国民食。大都市には「蜂蜜屋」があります。砂糖より甘味が強い蜂蜜、ロシア人は大好き。パンにかける、紅茶にいれる、蜂蜜ケーキにさらに蜂蜜をかける。蜂蜜にはビタミンB1・B2・B6・Cなどの豊富なビタミンを含みミネラル分も豊富です。長い冬にビタミン不足になるロシアでは必需品なのです。ちなみにロシアは世界第5位の蜂蜜生産国で日本にも輸出されています。
市場ではこんなワイルドな感じで売ってますがきちんとした瓶詰もあります。お土産にもいいですね。

シベリアのツアーの魅力はこちらから

| | コメント (0)

«最近熱い!ペルー料理とスーパーフード