2007年6月22日 (金)

スロヴェニア・クロアチア添乗徒然8

Bled ツアーの第3日目、この日はブレッド湖を見学し、その後国境を越えてクロアチアの首都ザグレブに走る。

午前中は目一杯ブレッドの観光だ。ブレッド湖はアルプスの分嶺であるユリアンアルプスの南側に位置する湖。元は氷河湖であったので、特有のミルキーブルーの色をした水を湛える。その美しさから、古くよりヨーロッパの王侯貴族に人気のある保養地として栄えてきた。この湖を望む丘の上にかつて修道院であったブレッド城というお城が建っているが、そこから眺める湖とユリアンアルプスの眺めは格別だ。

この湖のもう一つのみどころが湖の中に浮かぶ小島に築かれた一軒の教会である。ブレッド湖はその美しい水を守るために、モーターの付いているボートは禁止されているので、プレトナ船というやや大型の手漕ぎ船で行く。

St_maria_steps このマリア教会で有名なのは「幸せの鐘」という鐘である。本堂の中にあるのだが、これがなかなか鳴らない仕組みになっているのである。是非試してみて下さい。このマリア教会には、もう一つ注目すべき場所があります。それが北の船着場から教会へ上る98段の階段です。スロヴェニア人達にとって最も人気を集める式場でもあるこのマリア教会では、新郎が新婦を背に担ぐか、お姫様抱っこをしてこの階段を上るという風習があるそう。それが出来なければ、その結婚はうまく行かないらしい。なので、ここで結婚を挙げる前、新郎は筋力トレーニング、新婦はダイエットに力を入れる。今回の私のツアーの話ではないが、一ヶ月前のツアーでは、新婚旅行で参加されていたカップルのお客様が見事にそれを実践して、大きな感動を呼んだという話を聞いた。素晴らしい事だ。 今回はそのようなカップルで参加されている方はいらっしゃらなかったので、余興として、私がガイドさんでも背負って挑戦しようかなという考えが頭を一瞬過ぎったがすぐ思い止まった。そう言えば、私は永田町の96段の階段を一人で上る事すらおぼつかないのだった・・・。

|

添乗徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。