2007年9月22日 (土)

ドバイの続き

ブルジ・アル・アラブ 最近お客様から問い合わせが来る事もたまにあるのだが、ドバイには世界で最も豪華なホテルとも言われる7つ星の「ブルジ・アル・アラブ」ホテルがある。ヨットの帆をイメージした姿は、今やドバイの象徴のひとつでもある。さて、このホテルはその破格の料金でも知られているが、実態が分かり辛いのでちょっと調べてみた。

そんな訳でとりあえず公式ホームページを訪問。本日9月22日の宿泊料金を探る事にした。まずは部屋だ。色々な種類があるが、全部スウィート。一番狭い部屋で面積が170平方メートル。狭くはない。私がよく利用するビジネスホテルの約10倍の広さだ。空室状況を探ってみると今日の空きはあるようだ。

さて、気になる料金はというと、1泊「AED 15,000.00」と出てきた。AEDはアラブ首長国連邦の通貨であるディルハムの略だ。さて、それを便利な自動レート換算サイトで日本円に変換してみましょう。AEDの欄に15,000と打ち込んで変換を押すと、日本円に換算できます。

そして驚きの結果がなんと「469,502円也」。しかも宿泊料金に関する注記を読むと、この額に10%の間接税と10%のサービス料が別途かかると書いてある。という事は、実質約55万円という事になる。恐らくこの額はほとんど定価と思われるので、もう少し安く泊まれるかもしれませんが、それにしても恐ろしい。

まぁ、これもドバイの一つのみどころなのかもしれません。ユーラシア旅行社ツアーでこのホテルに泊まる事はないと思われるが、実際にドバイに足を運んで外観を眺めるだけでもお土産話の一つになるかもしれません。お金に糸目を付けないという方もいらっしゃるでしょう。でも宿泊予約をする前に一度考えてみましょう。同じ金額で数倍楽しめる(はずの)ユーラシアの旅はたくさんあります・・・。

|

中近東ツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。