2007年10月10日 (水)

テレビ

Television 今日は、久しぶりにIT委員会の面々と会社外での会議に出かけた。諸々のニーズを探った結果、しゃぶしゃぶの潜在的な需要を感じ取ったので、赤坂見附の「しゃぶ禅」というお店に出かけた。個人的にはいつも食い放題の安い店を愛用していて、それに対して何ら不満は持っていなかったが、やっぱりいい店は肉が違うなぁとつくづく感じ入った。

しゃぶしゃぶの肉の質はともかく、会議の方は色々な話題が出た。実は今日が丁度期末の締めの日(ユーラシアでは社内的には3月期ではなく、9月期で区切りを付けている)であったためか、自ずと前期の反省に話題が向いた。所詮私もサラリーマン。毎年の期末と言えば、迎えるのが楽しみな期末と憂鬱な期末があるが、私個人の今期は後者にあたっていたので、とりあえず目立たないように黙々と角で食べる事にした。肩身の狭い社員の処世術の基本。

しかし、身を潜めても所詮少人数の会議。平家の落人よろしく、あっさり狩られて、何とも言えない業務を担当する事になった。すなわち、「テレビ番組雑誌」を読む事。重要な任務と言われはしたものの、のんきに笑ってはいられない。このような仕事が与えられるようでは、いよいよ窓際ここに極まれりと自らの運命を呪いつつ、とぼとぼ帰途に着いた。朝食を買いに立ち寄ったコンビニでついでに買った物、それはもちろん、、、

「月刊テレビジョン」

今日の一句 「悲しき性で コンビニ通う サラリーマン」(字余り)

さらに一句 「来週は 番組ページTARGET="_blank" 頑張るぞ」

|

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。