« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

格安航空会社

Ryanair 就任以来話題に事欠かず、良くも悪くも様々な話題が流れても涼しい顔で受け流してきたフランスのサルコジ大統領。しかし、先日その大統領の逆鱗に触れる広告が出されたというニュースが流れた。広告の出稿元は、アイルランドの格安航空会社ライアンエアー社。これまでも政治風刺画のような物議を醸す広告で話題を呼んできた同社だが、離婚・再婚問題で揺れ、それが支持率にも悪影響を及ぼし始めている状況なので、追い討ちをかけるような広告がパリの新聞紙に掲載された事にサルコジ氏もだいぶお冠らしい。(フランスのニュースサイト

ま、この件はともかく、ヨーロッパにおけるライアンエアーのような航空会社の台頭は日本の旅行会社にとっても無関係な事ではない。

続きを読む "格安航空会社"

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

人気カレンダー

Calender インターネット上のオンラインショッピングでお馴染みの楽天市場でランキングのサイトがある。その2008年カレンダー部門を覗いてみたら、月のカレンダーが第一位にランクされていた。月面上の地名や一日毎の月の満ち欠けが記入されていて、飽きる事はなさそうだ。他にランキング内で目立っていたのは、ジャニーズ事務所の面々だ。歌のランキングも賑わしているだけに、その効果でカレンダーの売れ行きが伸びるのも当然か。売上アップも大きいだろう。

さて、何故カレンダーの前振りかと言えば、

続きを読む "人気カレンダー"

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

猫だべ

Fukazawa_cat 現在パンフレット作成の追込みで日々原稿に追われる毎日が続いている。一日中数字や画像を見つめる日が続くと、何か癒しが欲しくなるものだ。そんな今日の昼間に話題に上がったのが昨秋からインターネットで話題になっていた「猫なべ」だ。

発端は、昼間の何気ない会話であった。

続きを読む "猫だべ"

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

地中海欧羅巴くらぶ復活

Chichukai_blog 長らく鳴りを静めていたこのブログの前身「地中海欧羅巴くらぶ」が満を持して?復活しました。とは言っても、もちろん私が都会の生活(このブログ)に疲れて、実家に逃げ帰る訳ではない。どうも新体制が結成され、火曜日が「ナビゲーターの日」、金曜が「フリーの日」で週二回更新、担当も持ち回りで更新されるようである。

何はともあれ、サブコンテンツや本サイトへの入口となるポータルの増設は、歓迎すべき事。新しく、派手な事は目立ちますが、当社のホームページを取っても地味で目立たないメンテナンスの方が実際には作業が多く、つくづく物事は始める事より続ける事の方が困難だという事を日々痛感しています。最初から100%の力でやると持続するのは困難なので、80%ぐらいの力で頑張って欲しい。そう自分にも言い聞かせる・・・。

(追記)その後、地中海欧羅巴くらぶはこちらのURLに引越ししました。

続きを読む "地中海欧羅巴くらぶ復活"

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

ウズベキスタンの夜明け

Samarkand 昨年末、中央アジアに位置するウズベキスタンで、大統領の選挙が行われた。結果は、現職のカリモフ氏が三選を果たし、いよいよ自分の地位を不動の物にしようとしている。短命の政権も少なくない日本と違って、ソ連から独立後の中央アジア諸国はこのウズベキスタンを始め、カズフスタン、トルクメニスタンやキルギス辺りも独裁色もちらほら見える長期政権が目立つ。(トルクメニスタンのみは長期政権を築いたニヤゾフ氏が06年末に死亡した為、政権は生まれて間もない)。こうした政権の是非はここでは触れないが、何にしろ政治が安定している事は、旅行会社にとってありがたい事ではある。「中央アジアの夜明けはまだ遠い」という欧米マスコミの見出しが踊っていようとも・・・。

続きを読む "ウズベキスタンの夜明け"

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

模範旅行者?

Hotel_staff

半年以上も前の話になるが、十大ニュースから続くランキングついでに、別のランキングも紹介したい。その名はワールド・ベスト・ツーリスト賞(=最優秀旅行者)という賞。賞と言っても別に商品がある訳ではなく、ヨーロッパのホテル支配人クラスを対象に行われたアンケートの結果で選出された。主催したのは欧米でホテル検索サイトとして最大勢力であるエクスピディア社。

さて、その気になる結果は・・・

続きを読む "模範旅行者?"

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

2007年ユーラシアの十大ニュース(第5位~第1位)

さて、本日は、まこともって独断と偏見で選んだ2007年ユーラシア旅行社十大ニュースの第5位~第1位をお届け。

続きを読む "2007年ユーラシアの十大ニュース(第5位~第1位)"

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

2007年ユーラシアの十大ニュース(第10位~第6位)

Ten_news 遅まきながら、文字通り私の独断と偏見で選んだユーラシア旅行社の2007年度十大ニュースをお届け!企業の見解は全く含まれていないので、あしからずご了承下さい。第10位~第6位は、どちらかと言えば私的なネタを並べてみた。ちなみに明日のトップ5はまじめに行くつもりだ。

続きを読む "2007年ユーラシアの十大ニュース(第10位~第6位)"

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

文豪ゆかりの宿

Fukujuso 昨日から雨が滴る中、箱根へ出かけて来た。ご存知の方も多いと思うが、箱根と一口に言っても、その実態は現在では十七湯と、非常に広大な領域を指している。もちろん、十七湯はそれぞれの個性があるのだが、私の個人的なお気に入りが、塔ノ沢温泉郷だ。なんと言っても観光客もあまりいなく、鄙びた佇まいが良い。

今回はそんな塔ノ沢で文豪ゆかりの宿を訪ねた。

続きを読む "文豪ゆかりの宿"

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

特設美術館開館

Mucha 突貫工事で着工したユーラシアの特設美術館「添乗員が選んだこの一点」を本日開館しました。壮大な構想を練ったまでは良かったが、工事が難航し、当初予定していた展示品の半分も入れる事が出来なかったのだが、今後も拡充して行きたいと思いますので、どうぞお楽しみに。

あとは、工事に欠陥がなかった事と今後の増改築が容易に進む事を願いたい・・・。

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

また一つ加齢

B_card おかげさまで先日また一つ年を取りました。年々感傷が薄くなるのは、時の流れ故か。しかし、暖かい社員達の厚意でまた色々メッセージを頂くと、本当に感無量だ。最近は「人生は守りも大切」という考えがたまに頭をよぎるようになったためか、以前程頻繁に他の社員達と夜の交流をする事が少なくなっていたが、まぁそれも仕事の一つ(?)、あまり話した事のない社員ともまた出かけたいなと思い始めた。

続きを読む "また一つ加齢"

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

イタリア視察~その6~

Orvieto_duomo 早くも最終回。この日は、聖体祭でも訪れるオルビエートから。本当に知られざる町々を巡る今回の視察の中では最も知名度の高いオルビエートは、典型的なウンブリアの町だ。すなわち、エトルリア時代からの歴史を持ち、丘の上に聳える由緒ある中都市なのだ。ホームページがあるので、ご覧になってみて下さい。

町の象徴であるドゥオモに達すると、この時期にも関わらず、様々な国からの観光客が見受けられた。

続きを読む "イタリア視察~その6~"

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

イタリア視察~その5~

Terni_market2 聖バレンタイン教会を見学後は、この地方で最大であるテルニのクリスマスマーケットを訪れた。ヨーロッパのクリスマスについては、このブログに移行してすぐの記事で少し触れたが、どの国でも大なり、小なりこのようなマーケットやイルミネーションが見られる。

テルニのマーケットは中規模であったが、

続きを読む "イタリア視察~その5~"

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

イタリア視察~その4~

St_valentine 明けましておめでとうございます。本年度もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

振り返ると、昨年は「独断と偏見の十大ニュース」のような事をやっていたので、この視察記を終えたら、遅まきながらまた公開したいと思いますので、お好きな方(あまりいないでしょうが・・・)はどうぞお楽しみに!

さて、視察記の続きは、第3日目の後半、テルニの市内巡りからだ。あの聖バレンタインの謎に迫ると言ったら、大袈裟か。

続きを読む "イタリア視察~その4~"

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »