2008年3月15日 (土)

世界の温泉

Hamakyo 相変わらずの地元ネタで恐縮だが、昨日の主要紙のいくつかのサイトで地元の残念なニュースを見かけたので、取り上げざるを得ない。

私が住む横浜市の綱島は、昭和の前半は温泉街として栄え、最盛期には温泉旅館が70~80軒並び、「東京の奥座敷」と呼ばれていたそうだ。まだ電車が未発達の時代で、今でこそ熱海・伊豆・箱根は都心からも至近の距離にあるが、当時の都心に住む人にとっては綱島に来るだけでも旅行であったのだ。しかし、電車や車が発達すると、人の流れは熱海・伊豆・箱根に向かい、町もベッドタウン化した。そんな中、最後まで頑張って営業していた旅館「浜京」が本日3月15日付けで閉館する事になった。自宅から徒歩数分のところにあるので、さよならを告げに行こう。

さて、過去の記事でも何度か温泉を取り上げたように、私は無類の温泉好き。日本には素晴らしい温泉がたくさんあるので、わざわざ海外に出かける事もないのかもしれないが、世界に目を転じてみると、結構面白い温泉も多い。という訳で、次回からシリーズで「世界の湯から」をお届けしましょう。いくつか紹介する予定だが、取り上げる世界の温泉には、「珍体験を友人に自慢できる」「やっぱり日本の湯が一番落ち着くと再認識できる」等の効能がある・・・。お楽しみに!

|

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員お勧め温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。