2008年5月30日 (金)

コーダー城とマクベス

Cawder 「Double,double,toil and trouble」
(倍に、倍に、苦労と苦悩)

上の文章は、シェイクスピアのマクベスに登場する魔女達が合唱する有名な台詞だ。何故今マクベスなのか。それは、少々品のない話で恐縮だが、実は先日トイレで水が溢れ出す事故があって、思わず頭をよぎった台詞だ。その時の状況を正確に言えば、以下の通りになるが・・・

「Double,double,toilet trouble」
(倍に、倍に、トイレの問題)

ま、何はともあれマクベスは良い。(ファンの方ごめんなさい・・・)そのマクベスに登場するのが右の写真のコーダー城だ。右の写真は、凡そマクベスのイメージとは程遠い明るさだが、紛れもなくその場所である。

Cawder2 コーダー城があるのは、マクベスの物語に登場するスコットランド王国。ネッシーで有名なネス湖観光の基点インヴァネスからも程近い場所に建っている。マクベスは11世紀に実在したスコットランドの王の伝説を元に作られた戯曲であり、コーダー城も実際に当時の王が住んでいた城だ。残念ながら現存する城は14世紀頃からの物なので、実際にマクベス王が住んでいた物ではないが、天気の悪い日に物語を思い出しながら眺めてみると、なかなか雰囲気が出る。普通旅行と言えば好天が望ましいが、ここコーダー城はそれがあてはまらないかもしれない。明るい空の下では、魔女達も居場所がないだろう・・・。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。