2008年5月18日 (日)

リバーダンス

River_dance 日曜いつもより少し早起き(と言っても午後三時だが・・)してみた。カーテンを開けたら太陽の光が眩く、すぐにカーテンを閉じてしまった。そこで外に一歩踏み出す勇気はまだもてない。と言うか、どんどん持てなくなってきている。そこで引きこもりよろしく、テレビを付けた。何の番組であるかは分からなかったが、個人的に好きなはしのえみさんが出ていたので、ついつい見込んでしまった。内容はアイルランドのリバーダンスの学校を訪れるという物であった。

リバーダンスと言われてもどんなダンスであるか想像がつかない方もいるかと思うが、下半身の動きとタップを中心にしたアイルランド生まれのダンスだ。アイルランドには元々伝統的なアイルランド・ダンスというジャンルがあったのだが、それを少しモダンにし、フラメンコ的な要素も付け加わっている印象を受ける。いずれにしてもリズミカルでなかなか面白い。

実は、ちょうど今週末からCorrib(コリブ)というリバーダンスのトップパフォーマー達が来日公演を行っている。今週末は仙台であったが、5/20~6/15の週末は東京、その後も名古屋、新潟、富山、福岡、倉敷、大阪と全国ツアーで回る予定。(詳細はこちら

Ireland_landscape せっかくの機会なので、もしご都合が合えば、日本で見に行くのも良いだろう。しかし、もっとご都合が合えば、アイルランドに見に行くのは尚良いだろう。7月前後のアイルランドのツアーでは、本場のリバーダンスのショーをダブリンで見られる。元々アイルランド人のダンスとは、大英帝国の圧政の元で何も使わなくても楽しめる娯楽として見出された面も少なくない為、アイルランドを周る事でそのダンスの意味もより深く感じられるかもしれない。ちょうど7月前後と言えば、アイルランドのベストシーズンでもある。重いカーテンを開けて一歩踏み出しても良いのでは?小気味良いタップは、アイルランドへの誘い・・・。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員が芸術・文化を語る」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。