2008年5月25日 (日)

ブルガリアのバラ祭り

Bulgaria_rose 昨日琴欧州関がヨーロッパ出身の関取としては、初めての優勝を果たした。益々国際色豊かになる国技の大相撲だが、それによって面白い取組みが増えるのであれば、歓迎すべきだろう。

琴欧州関の祖国はブルガリア。出身地は、同国の中部にあるベリコ・タルノボだ。ブルガリアと言えば、明治乳業の商品であるヨーグルトのイメージが強いが、このベリコ・タルノボ周辺には数多くのバラ畑があり、このバラから取る香水は、ブルガリアの特産品だ。

Rose_fes1 ベリコ・タルノボの辺りは、ダマスクローズという品種のバラを栽培していて、これが特に香りが強く、香水やジャム、水などの加工に適しているそうだ。ちょうど来週には、この地でバラの収穫を祝って開かれるバラ祭も開かれる。

実は、このバラ祭りはかなり昔からツアーに組み込んでご案内していたのだが、琴欧州ブームか、或いは当社のツアーを他社の企画担当の方が参考にして下さったためか分からないが、最近のブルガリアに行くツアーにはこのバラ祭りが含まれている商品も多く見かけるようになった。残念ながらこのお祭りが開かれる村は非常に小さいので、例年混雑の度合いは増し、それを解消するために、今年からユーラシアのツアーではゆとりを持ってお祭りを見学できるプライベートなバラ祭りにご案内する予定だ。もちろんプライベート故に、その為に作られた物でなく、基本的に同じ内容、可能であればプラスαをお楽しみ頂ければと願っている。

今年の募集はもう終わったが、来年(2009年)琴欧州を見たら、バラを嗅いだら、そしてヨーグルトを口にしたら、ブルガリアのバラ祭りの事を思い出して下さい。ユーラシアの3K?の内の2Kである栗山さん河合さんも現地に行くようなので、来年はまた益々充実したプログラムをお届けできるだろう・・・。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

お祭り見学ツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の社員達」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。