2008年6月22日 (日)

雨ときどきカラヴァッジョ

Sick_bacchus このブログでも以前に何回か記事を書き、実際にツアーを発表した「カラヴァッジョの道」がおかげさまで、お申込が順調だ。やっぱり、催行がぎりぎりのツアーに来る申込みや新しい企画の申込みにとかく反応しがちだ。しかし、何にもまして客観性を重視したい私は、どのようなツアーであれど、一つ一つのお申込の重みは等しいと考えているので、揺らぐ気持ちを抑止しつつ、無表情な毎日を過ごしている。

カラヴァッジョの旅に新しい申込に周囲が声を上げる中でもたな私は無愛想な私はさらりと受け流し、帰途に着く。帰宅したその手にはこっそり仕込んだカラヴァッジョの出身地ロンバルディアのワインとカラヴァッジョの画集があった。暗い部屋での一人の時間には何の客観性も必要ない。にやっと笑ってグラスを呷る。嗚呼、病めるバッカス・・・。

|

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。