2008年8月18日 (月)

ペリトモレノ氷河

Moreno_glacier 先週末、新特集「2008年~2009年秋・冬・春に楽しむ大自然」を公開した。今回の特集の表紙を飾っているのは、世界で最大の氷河であるペリトモレノ氷河だ。ペリトモレノ氷河は、南半球のアルゼンチンの最南部に位置しているので、現在は冬真っ只中で、11月ぐらいから観光のベストシーズンだ。自然の驚異とも言える氷河の大崩落も、シーズン中の夏の時期に見られる可能性が高い。

実は、先月ペリトモレノ氷河が冬にも関わらず、大崩落を起こしたというニュースを見かけた。温暖化の影響かどうか定かではないが、ペリトモレノ氷河からそう遠くないところにある南極大陸の氷も危険に晒されており、一定の因果関係は存在しそうだ。

そう考えるとペリトモレノ氷河の崩落を見つめる気持ちにも複雑な物が交じるが、実際見る事によって、改めて温暖化に直面する事によって人々の意識が覚醒されるという側面もある。一概に温暖化が全ての悪役とは言えないと思うが、環境問題に限らず、地球上に生きる一人一人がちょっとづつでも努力をすれば、それが積もって山となり、大事も達成しうる土壌は常にある。契機は何であれ、深層に触れて人々の心を動かしうる舞台は、地球上に少なくない。日本に帰国したら終りの旅だけではなく、むしろ旅で受けた刺激を元に日本に帰国したら、始まりという心を動かすような旅を一つでも多く届けていきたい・・・。

|

北中南米ツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員が世界の自然を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。