2009年5月26日 (火)

ユーラシア社員の素顔~その22~

Tamura 今月は少々遅れてしまった、ユーラシア社員の素顔シリーズ。これまでは主に営業の各部署に所属し、日頃お客様と接している社員を紹介して来たが、今回はちょっと裏方の社員を紹介しよう。現在社内では主に査証業務を担当している田村さんだ。

日本人に人気の渡航先では、お互いに査証を免除している国も多いので海外旅行をしていてもそれ程査証に触れる機会は多くない場合もあるが、当社のように130ヶ国以上の国を取扱っていると、実に様々な査証が必要になって来る。そしてその査証の手続きも決して容易ではない。

実は田村さんの席は、私の席からは謎のホワイトボードで遮られている為、日頃どのような形で働いているのか正直なところあまり知らない。しかし、時折深刻そうな顔で電話している姿を見かける。特にいわゆる第三世界の国々の査証取得は一筋縄では行かないところも少なくない。そのため、現地で万が一入国や出国でお客様にご迷惑をお掛けする事がないよう、日々各国の大使館や領事館と折衝を重ねているのだ。私自身も昔いくつかの大使館に行った事があるが、日本への赴任が出世コースの国もあれば、単なる腰掛のポストである場合もあるようだ。なので、係りの方によってはなかなか手強く、最後の瀬戸際で査証取得に手間取った事もあった。一方でいつ訪れても懇切丁寧で、フレンドリーな方も多い。

という訳で私自身の話で田村さん自身の紹介がほとんどないままこの記事は幕を閉じようとしているが、この前個人旅行でドバイに行っていたようだ。ユーラシア旅行社の社員でも個人でドバイに行くような人はそう多くないので、その辺から趣味が伺えるかもしれない。いずれにしても、いつも粘り強く業務に向かう姿は実直そのもの。順調に国境を越えていくツアーを見守っていれば、ホワイトボード越しでもそれぐらいは分かる・・・。

|

ユーラシア旅行社の社員達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。