2009年6月14日 (日)

スペイン前菜タパス

Sagrada_familia 唐突だが、週末なのに暇だ。土曜の夜、何も用事が入っていない日曜をどうつぶそうかと考えながらぼうっとテレビを見ていた。そしたら9時になって聞き覚えのある音楽とともに世界ふしぎ発見「スペイン横断!行列のできる世界遺産の旅」が始まった。番組では、その行列のできる世界遺産(バルセロナのサクラダ・ファミリア教会とグラナダのアルハンブラ宮殿)の合間にマドリッドに立ち寄り、バル(居酒屋のような小料理の店)のタパス巡りの模様が映し出されていた。

番組の中で3軒のバルを巡り、1軒目ではマッシュルームのアヒージョ(マッシュルームを陶板に入れ、オリーブオイルやニンニクで味付けした物)、2軒目ではトルティージャ(スペイン風オムレツ)、そして3軒目ではいわしのフライが紹介されていた。

「これだ!」

番組を食い入るように見てた私の明日の予定は決まった。バルに行ってタパスを食べるのだ。本来はその足で本場のスペインに飛びたいぐらいの気持ちであったが、バルに向かう交通手段はもちろん電車だ。

そんな訳で今日は曇天の下、またもや横浜にやってきた。私の青春時代の一部であったハマボウルがかつてあった場所に新しい複合施設が出来たのだが、その1階に「TAPA TAPAS」というバル風のスペイン料理店が数ヶ月前にオープンした。テラス席もあるいかにも今風の店だが、メニューもスペインのバル風の品揃えでタパスの小皿が色々食べられる。

Tapas_2 勇んで店に入って注文は、トルティージャ、マッシュルームのアヒージョ、そしていわしのフライ。そう、何とも工夫のない昨日テレビで見たそのままのメニューを注文した。飲み物はもちろんカバ(スペインのスパークリングワイン)をお供に。味は、うん、うまい!スペイン人に囲まれて本場で食べるバルの味わいは日本では絶対味わえない物だが、環境を差し引けば、お味の方は本場と遜色なく、至極満足な食事となった。

満腹になったところで家に帰って寝た。ランチの後は、シエスタ(昼寝)が本場流。来週の週末は何しようかと夢うつつ・・・。

スペインのツアーはこちらから

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社のお勧め料理」カテゴリの記事

コメント

あっはっは(大笑)なんとコジャレタ日曜日!!!来週の日曜日の為に今週も頑張ってくださ~い。

投稿: マ~ツオさ~ん | 2009年6月15日 (月) 09時15分

マ~ツオさ~ん

お帰りなさいませ。オーストリアのご旅行もお楽しみ頂けた事を願っております。
皆様に良い旅をお届けできるように今週も頑張ります!

投稿: 管理人 | 2009年6月15日 (月) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。