2010年2月20日 (土)

マダガスカル

Baobabu 国際自然保護連合(IUCN)の調査によると、世界の霊長類の半数が絶滅の危機に晒されているらしい。もちろん絶滅の危機に晒されているのは霊長類だけではないが、ヒトも属する霊長類だけにより切迫して感じてしまう。

さて、そんな霊長類の多くが生息しているのがアフリカの沖合いに浮かぶマダガスカルである。

Madagascar_monkeys マダガスカルは情勢不安の為、昨年ツアーの企画を見合わせていた。しかし、今年に入ってそれもだいぶ緩和され、外務省の危険情報の分類も下がったので、晴れてツアーを再開した。貴重な霊長類を始め、有名なバオバブの森などマダガスカルには自然がたくさんある。

貴重な種を守る第一歩は貴重な種を知る事から?一度は行ってみたい場所である・・・。

特集「マダガスカル」

|

アフリカツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。