2010年3月26日 (金)

モナコのカジノ

Monaco 先日ワシントン条約の会議においてモナコが提唱した大西洋や地中海におけるクロマグロの禁漁措置が否決された。その是非はここでは触れないが、ある意味マグロの量が有限であるという事を日本に広く知らせてくれた事は良かったと思う。この前回転寿司に行った際には、貴重なもの、なくなるかもしれないものだと思う事によってマグロのうまさはかなり増幅された気がする・・・。

さて、そんなマグロ騒動の引き金を引いたモナコだが、小国ながら観光地としては名高いので訪れた方も多いだろう。

Monaco_casino きらめくコート・ダジュールに面したリゾートとして、モナコはかなり昔から保養地として栄えてきた歴史がある。かくいう私がヨーロッパを初めて訪れた時にパリの次に選んだ目的地がモナコであった。

10代の頃はF1が好きだったのでモナコの町並み、通りはかなり頭に入っていたのだが、春でも肌寒いパリからTGVで下りてきて、燦々と注ぐ陽光に瞬く間に虜になった。モナコに着いて、勇んで向かった先がこの国の象徴の一つでもあるグラン・カジノであった。かなり立派な門構えから察すれば良かったのだが、中に入ってみて年齢層の高さを目の当たりにし、自分がかなり場違いな事を察し、よりカジュアルな隣のオテル・ド・パリのカジノに変更して挑戦してみた。こちらの方が庶民派?

結果?まぁクロマグロ云々がなくてもモナコにそういい思い出は残っていない・・・。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。