2010年3月20日 (土)

中欧の千年王国、ハンガリーの魅力

Budapest 高級ファミリーレストラン?のロイヤルホストで「フォアグラと鶏焼丼」なるメニューを今度発売するらしい。個人的にはそれ程食べたいとは思わないが、目を引いたのがそのフォアグラがハンガリー産らしい事だ。ハンガリーでフォアグラが採れるとは思わなかったが、気候的には問題はないのだろう。

さて、そのハンガリーだが旅行市場の中では3~4年前に中欧ブームの中で訪問者が急増したが、ここ数年はクロアチアの台頭もあって、緩やかな平行線を辿っていたようだ。しかし、今年に入って当社では、ハンガリー関連のツアーが比較的順調であり、ヨーロッパ旅行市場の中で定番国の一つとして少しずつ根ざして感がある。

Peci このブログでも以前にハンガリーの不思議な温泉湖であるヘヴィーズ湖やハンガリーの名産であるトカイワインについて紹介したが、もちろんハンガリーの魅力はまだまだ深い。歴史も深く、またマジャール人による国である点において興味深い国だ。世界三大珍味と言う程ではないかもしれないが、他の国とは一線を画す個性がハンガリーにはある・・・。

特集「中欧の千年王国ハンガリー」はこちら

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。