2010年6月27日 (日)

世界の宿便り~その1~モニュメント・バレー/ザ・ビューホテル(アメリカ)

Mvh_exterior 久しぶりに添乗に出た事もあってここのところアクセスランキングの上位はずっとシリーズ物に占められている。そんな流れに乗るという訳ではないが、記事数が増えてカテゴリーもより細分化して行かないと見つけにくくなってきたので、以前からも何度か紹介してきた世界のホテルも新たにシリーズとしてお届けしたいと思う。その栄えある?第一回はアメリカのモニュメント・バレーから「ザ・ビュー・ホテル」をお届けする。

ザ・ビュー・ホテルはその名の通り抜群のビューを誇るホテルだが、それだけではない。

Monument_valley ホテルがあるモニュメント・バレーは、アメリカの雄大な大自然の象徴であるが、この地はインディアンのナバホ族が定住していた地だ。今日でもその権利は認められており、合衆国内でも最大のインディアン保護区が広がっている。実はビュー・ホテルの成り立ちはこのナホバ族とも密接な関わりがある。

ナホバ族と一般米国人の双方の血を引くアルマンダ・オルテガがナホバ族の伝統とナホバ族の雇用を作る為に2008年末にモニュメント・バレーを見渡す絶景の地にオープンしたのがザ・ビュー・ホテルだ。女性上位のナホバ族の中においては今日尚生業として成り立っている女性達の織物業があるが、男性はまともな雇用がない状況。その状況を打破する為、そして故郷を離れずに働けるということを文化の保存に繋げる為に開業したのだ。

Mvh_lounge さぁ、実際に中はどうなっているのか。まず中に入って目を引くのが大窓が広がるレストラン。外にはあの何度も写真やテレビで見たモニュメント・バレーが広がっている。客室もまたいい。清潔な内装の全95室は全てモニュメント・バレーが広がる東側を向いている。朝起きたら、あの風景が目の前に広がっているのだ。

Mvh_terasse 外にのテラスからの眺めもまた素晴らしい。一日中のんびりしていても良いぐらいだ。より詳細なイメージは、下部の公式サイト・ギャラリーでお楽しみを。

このように素晴らしいホテルゆえに宿泊料金は決して安くない。でもその価値に見合う物が得られるだろう。ちなみに料金の一部はナホバ族の伝統の保全の為に役立てられる。ザ・ビュー、ザ・エクスピリエンス(体験)、ザ・コントリビューション(貢献)をご堪能あれ・・・。

アメリカのツアーはこちら
ザ・ビュー・ホテルの公式サイトはこちら

|

北中南米ツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社お勧めの世界の宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。