2010年6月19日 (土)

宮下孝晴著「メディチ家 12の至宝をめぐる旅」

Firenze 過日宮下孝晴先生から頂いた新著「メディチ家 12の至宝をめぐる旅」を読んだ。読んでいる内に、最近ローマやバロック漬けだった頭がフィレンツェとルネサンスの世界にめくるめく引き戻されていった。

コジモやロレンツォ豪華王を始め、トスカーナ大公時代までメディチ家の栄光の時代を辿りながら、フィレンツェの至宝を紹介していく。ドナテッロ、ミケロッツィ、ブルネレスキ、ボッティチェリ、フラ・アンジェリコ、ミケランジェロなど時代を彩った巨匠達も物語を盛り上げていく。そう、12の至宝がそれぞれ独立した章になっていはいるが、それが物語のように繋がっていく・・・

著者の宮下孝晴先生には、来月3日にイタリア文化会館でルネサンスに関する講演をして頂く事になっている。まだ空席もあるので、お気軽にご参加下さい!

宮下孝晴先生の講演会はこちら

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。