2010年6月 2日 (水)

ブレシャ県セミナー(イタリア)

05270001 添乗徒然で日々の徒然が中断されてしまったが、帰国後も旅行会社社員としての日々は流れている。先週の木曜には、イタリアのブレシャ県がプロモーションに来日するという事で夕方から六本木のパークハイアットに出向いた。

さて、ブレシャ県と言われてもご存じない方もいるだろう。正直言えば、私もそう詳しくは知らない。ブレシャ県はミラノがあるロンバルディア州の東部に位置する県で州都はブレシャ、観光地ではイタリア最大の湖であるガルーダ湖が知られている。

セミナーではそんなブレシャ県の魅力が地元観光局の熱弁で紹介された。ヨーロッパでは知名度が高いクラシックカーレース、ガルーダ湖の景勝地シルミオーネ、古代と中世と現代が共存するブレシャの町並みなどなかなか興味深い。問題は興味深い都市が多いイタリアにあって、どう差別化を図るかだろう。当社でも現在組んでいるツアーはないのだが、将来的にうまいテーマがあれば、組み入れてみたいのだが・・・。

05270003 セミナーの後は会食。イタリア政府観光局が主催するパーティは、普段立食形式が多いのだが、今回は珍しく着席形式であった。今回の席は左に新聞社広告局の結構上役の方、右には大手旅行社のデスティネーション開発で世界中を飛び回っている方がいて、話が尽きる事がなく、色々勉強させてもらった。もちろん料理もおいしい。以前ニュージーランド政府観光局のパーティで来た時もそうだったが、パークハイアットのパンはとてもおいしい。頭もおなかも満たしたところで会は終了となった。ブレシャを含むツアーの造成を出来る日が来るかどうかは分からないが、観光局の方の熱弁はしばらくは忘れないだろう・・・。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。