2010年12月22日 (水)

今が旬!アブダビ(アラブ首長国連邦)

Abudhabi_town 近頃アブダビが熱い。先月は年間チャンピオン争いが決定したF1グランプリが開催され、サッカーのクラブ世界一を決める試合が先週行われた。今年話題にもなった映画「セックス・アンド・ザ・シティ」の舞台にもなり、今週はイルミネーションの代わりに宝石を散りばめた時価9億円とも言われるクリスマス・ツリーまで登場した。世界の最深情報?を伝える当ブログとしてもこれは見逃せない。そんな訳で今日はアブダビを紹介しよう。

Abudhabi_mosque  アブダビは現在人口約180万人でアラブ首長国の主都。同国内にあるドバイと同じく、ペルシャ湾に面した港町である。それどころか、海岸線に近代的な立ち並ぶ様も似ていて、社内にある写真を見ていても良く見ないと間違えてしまう事もあるぐらいだ。

僅か50年前までは泥で出来た家が中心のそれ程目立たない町であったようだが、1960年代に石油が発見されてから急速な発展を遂げ、今日に至っている。

Emirates_palace国際的な知名度や旅行先としての知名度はドバイに少々先んじられた感もあったが、ここ2,3年はドバイを飲まんばかりの勢いで冒頭で触れた国際イベントの誘致や投資を盛んに行っている。町中には白亜の巨大なモスクが現れ、右の写真のエミレーツパレスを筆頭にホテルの数も急増している。アブダビを拠点に路線網を敷き、今年日本にも乗り入れたエティハド航空も急速に存在感を増している。

観光で訪れた際の歴史的なみどころはそれ程ないが、世界でも三番目に大きいシェイク・ザイード・モスク、エミレーツ・パレス・ホテル、そして海岸線の風景など、今世界で最も勢いのある町は一見の価値はあるだろう。アラジンの魔法のランプが石油だったのかどうかは分からないが、現代版の千夜一夜物語がこの地に広がっている・・・。

アラビア半島の旅はこちら

|

中近東ツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。