« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

ドクターフィッシュ

Docterfish1 温泉と言えば、普段はあまり大きくない温泉郷の由緒ある旅館に行くのが私の趣味だが、縁あって伊東の比較的大きい温泉旅館に行って来た。伊東と熱海は何度も通過はしながらも、なんだかんだで泊まった事はなかった。

そんな訳で伊東の大旅館に泊まったところ、入口の脇に「ドクター・フィッシュ」という旗が立っていた。日本でも最近静かなブームを呼んでいるのでご存じの方も多いだろうが、人間の足の古い角質をついばんでくれるありがたい魚だ。

続きを読む "ドクターフィッシュ"

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土)

イベント「ロマネスク、33の傑作を巡る」開催!

Romanesque_forum 今日は「ロマネスク、33の傑作を巡る」というイベント開催の為にひっそりとした土曜の永田町にやってきた。「ロマネスクを見る為にフランスに行ってくる。」なんていう旅行者はあまり多くないだろうが、ユーラシアのツアーでは15年前頃から始めて今では旅のテーマの一つとして確立されて来た。

名の知れた芸術家ではなく、一般人が地元で信仰の心を持って制作に従事したロマネスク芸術には、製作者の温もりと敬虔な思いが感じられ、日本の「わびさび」に通じる静かな美しさを持っている。個人の大芸術家が主導する事になる後の時代の美術とは一線を画すだろう。

続きを読む "イベント「ロマネスク、33の傑作を巡る」開催!"

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

ルーマニア、マラムレシュ地方の復活祭

Rom_easter1 今朝、久々に早起きしてファミレスに出かけた。目的は暖かい卵を食べる為だ。たまには優雅に朝食を取りたくなるのだ。卵は地中海を中心に古来より生命のシンボルとされて来た。古代ローマ時代の装飾(特に帝国東部の方が顕著)にもよく用いられ、神殿の一部として今日見られる物もある。キリスト教においては卵はキリストの復活を象徴する物として崇められ、今日においても春の復活祭で「イースター・エッグ」として宗教儀式に登場する。

キリスト教文化が広がる国では色々な復活祭が行われるが、今日はその中でルーマニアのマラムレシュ地方で開かれる復活祭を紹介したい。

続きを読む "ルーマニア、マラムレシュ地方の復活祭"

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

チベットのイベント開催!

Tibet2 世界の屋根ヒマラヤの北に広がるチベット高原。中心のラサは富士山の山頂の高さと同じぐらいの高度に位置し、町に降り立つたびに空が近くなったと感じるのは気のせいだろうか。空気は凛として澄みきっていて、ポタラ宮は町を見守るように優しく見下ろしている・・・。

独自の世界が広がるチベットの旅は昨年も大人気。そのチベットの魅力をより多くの方に紹介する為に、チベットのイベントを催し事になった。

続きを読む "チベットのイベント開催!"

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

ベリーダンスの祭典、カイロフェスティバル

Ahlan_wa_sahlan1 先日渋谷のエジプト料理屋でたまたまベリーダンス(と呼ぶのはダンサーに申し訳ない代物)を踊る事になったが、店内にいたお客さんの一部が明らかに経験者であったように、ベリーダンスは現在静かなブームを呼んでいる。

そのベリーダンスの祭典がエジプトのカイロで開催されるカイロフェスティバル、アフラン・ワ・フラン(Ahlan Wa Sahlan)だ。

続きを読む "ベリーダンスの祭典、カイロフェスティバル"

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

ウガンダのマウンテンゴリラ動画公開!

Gorilla 年末にウガンダのツアーにご参加されたお客様が当社サイト上に掲載されていたゴリラの動画を見ていたそうだ。個人的にはブレブレで瞬間的なその動画を掲載するべきか悩んだが、何かしら参考になったのであればありがたい。

さて、最近じわっと人気が出始めているウガンダのゴリラ・トレッキングだが、より多くの方にその魅力を伝えるべく、より高画質で安定している映像を得て先日公開し、今日テロップも追加して公開した。愛らしいマウンテンゴリラを始め、カバや野鳥、幻のハシビロコウの姿をお楽しみ下さい!

続きを読む "ウガンダのマウンテンゴリラ動画公開!"

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

マサダの要塞(イスラエル)

Masada1 昨日春の花咲くイスラエル説明会を中継する為にオフィス近くの会議室に出向いた。今回は花の時期の紹介が中心だったが、会の終了後にお話したお客様の何名様かとマサダの話題が出た。マサダは幾度となく起きたローマ支配に対する古代ユダヤの反抗の終点であり、20世紀に至るまでの離散の歴史の始点でもある。

また、この要塞に立て篭もって戦ったユダヤ人達が集団自決をした悲劇もマサダの名を歴史に刻ませている。今日はそのマサダを紹介したい。

続きを読む "マサダの要塞(イスラエル)"

| | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

ジョルジョ・ヴァザーリ生誕500周年

Vasari_portrait 2011年は近代イタリアの統一150周年であるが、もう一つの記念イヤーもある。ジョルジョ・ヴァザーリ(1511-1574)の生誕500周年だ。ジョルジョ・ヴァザーリはルネサンス期に活躍した芸術家だが、知名度は知らない人はいないルネサンスの巨匠達に劣るだろう。しかし、そのルネサンスの巨匠達の知名度を作り上げるのに最も貢献したのもジョルジョ・ヴァザーリなのである。

今日はそのヴァザーリについて触れたい。

続きを読む "ジョルジョ・ヴァザーリ生誕500周年"

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

羽田国際線新ターミナル見学

Haneda1 先日弥永さんの視察をもとに羽田空港国際線新ターミナルの概要をお伝えしたが、昨日念願叶って社内のスペシャリストの方々と共に改めて自分で見に行って来たのでレポートしてみたい。

まず始めに向かったのがJALさんの整備場。講義室で航空機のレクチャーを受け(恥ずかしながら、かなりタメになった)、その後整備場を見学。機体整備の様子や滑走路間近での離陸風景の見学、航空機の部品を見るなど普段は見られない航空機の裏側を見せてもらった。(ちなみに右上の写真の仮装はやったのではなく、周囲の人にやらされた・・・)

続きを読む "羽田国際線新ターミナル見学"

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

facebook公式ファンページ開設!

Facebook 普段は薄暗い部屋で非ソーシャルな生活を送る私だったが、5年前からブログを始め一昨年からツイッターも稼動してかなりソーシャルになって来た気がする。昨年は入れまいと思っていたパソコンも自宅に導入し、遂に我が家でもオンラインになった。きっと似たような方もいらっしゃる事だろう。

65億総メディアの時代と言われるように、IT化が進んだ事によって誰もがメディアになる事が可能になり、世界に向けて自らの文章、写真、映像など自由に公開できるようになった。

続きを読む "facebook公式ファンページ開設!"

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

羅平の菜の花畑(中国・雲南省)

Rahei1 最近横浜における千葉観光の売込みが著しく、市内の各所でパンフレットやブースを見かけたりする事がある。千葉には親戚がいて、幼少時から色々行って来たのだが、一つだけ気になっているのが菜の花畑である。よく春にその実をパスタで食べる事は多いが、実際にこういう風景をあまり見た事がないなぁなんてぼんやり考えながら、しっかりとパンフレットを鞄にしまい込んだ。

さて、日本とはスケールが違う広さの菜の花畑を見られる箇所が世界にはいくつもあるが、個人的にやはり一番印象的だったのが中国雲南省の羅平という場所である。一昨年紹介した幻想的な棚田が広がる元陽からもそう遠くない場所にある。

続きを読む "羅平の菜の花畑(中国・雲南省)"

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

2010年ユーラシア十大ニュース(第5位~第1位)

News2010 さて、第10位から第6位に引き続いて本日はトップ5を紹介したい。昨日も触れたが、僅か一年以内とは思えないほど昔に感じる事もあり、筆者は改めて2010年は色々あったなぁとしみじみ感じてしまったりした。

ま、そんな前置きはともかく、早速いってみよう!

続きを読む "2010年ユーラシア十大ニュース(第5位~第1位)"

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

2010年ユーラシア十大ニュース(第10位~第6位)

News2010 さて、年が明けて落ち着き始める頃に独断と偏見で前年を振り返るというこの変わった企画も今年で4回目を迎える。毎年思うのだが、一年は短いようで長くもあり、去年の前半の事がまるで昔の事のように思えたりする。なんて感傷に浸ってもしょうがないので、早速ランキングを始めよう。

続きを読む "2010年ユーラシア十大ニュース(第10位~第6位)"

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

ユーラシアの海外旅博開催決定!

25top 本年ユーラシア旅行社はおかげさまで創業25周年を迎え、先日25周年謝恩企画を発表した。それに続く第二弾のイベントとして、4月2日(土)、4月3日(日)に「ユーラシアの海外旅博」という世界の魅力に触れる為のイベントを催す運びとなった。場所は銀座の時事通信ホールで、複数の大規模講演会や小規模説明会、音楽演奏会、世界各地の資料やお楽しみコーナー、写真展など盛り沢山の内容でお届けする予定だ。

続きを読む "ユーラシアの海外旅博開催決定!"

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

【共通テーマデー】もしも私が過去の偉人として生まれ変われたなら

Tiberius もしも私が過去の偉人として生まれ代われたなら。一見栄光に包まれた過去の偉人に生まれ変わる事はいい事のようだが、歴史書が語らない苦労や努力を経てこその栄光でもあるから、一概に成功している人を選べる訳ではなく、好きという理由だけでも選べない。英雄は得てして寿命が短かったりもする。そう悩んだ末に辿り着いた私の結論は、古代ローマ帝国の二代目皇帝ティベリウスである。

ティベリウスは77歳まで生き、60人以上いたローマの皇帝の中でもアウグストゥス、コンスタンティヌスに次いで3番目に長い23年間の帝位在位を持っているが、それでもその知名度は比較的地味な部類に入るだろう。晩年カプリ島に隠居して院政を敷いていたことから、元老院やローマ市民に忌み嫌われ、彼が死んだ時ローマの元老院と市民は歓喜の渦に包まれたと言う。その数奇な人生をティベリウスに生まれ変わったつもりで辿ってみたい。
(個人的な主観による表現も織り交ぜているので必ずしも史実と一致しない箇所もあると思います。)

続きを読む "【共通テーマデー】もしも私が過去の偉人として生まれ変われたなら"

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

ユーラシア社員の素顔~その41~

Tomako 新年初めのこのシリーズの顔は、少々趣向を変えて第一回以来の元内勤社員で現在はたま~に(ごくごくたま~に)当社のツアーで添乗するとまこさんを紹介しよう。とまこさんは右の写真上部にも出ているように、現在は「旅のおえかき作家」という肩書きも持つちょっと異色な方。

一緒に社内で働いていた時はもうそれなりに昔なのでそう深い思いではないが、印象に残っているのはいつも楽しそうな事だ。それ程楽しそうなキャラではない私からすると「この人疲れるんじゃないかな」と思うぐらいよく笑う。でもきっとそれが周囲にも良い影響を与えていたのだろう。よく失敗するとどんよりしたりする時はあるものだが、彼女に限ってはそんな時でも前向きに笑おうとしていた気がする・・・。

続きを読む "ユーラシア社員の素顔~その41~"

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

新年のご挨拶

Nenga 新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年度も様々な方法でお客様、読者の皆様にご満足頂ける旅やコンテンツをご用意できるよう、努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2011年元旦

※続きには、ユーラシア旅行社からのデジタル年賀状が入っています。

続きを読む "新年のご挨拶"

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »