« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

シリア・ヨルダン添乗徒然~その3~

Craq_des_chevalier シリア・ヨルダン添乗徒然その3は10年ぶりのシリアから。前回ダマスカスを紹介したが、他の地域は遺跡主体の見学であったので、当たり前ながら以前と変わっていない。その中で変わったのが食事である。

正直なところ私もお客様方もシリアの食事に期待を寄せるところはなかっただけにその意外?とも言えるおいしさに思わず舌鼓を打った。

続きを読む "シリア・ヨルダン添乗徒然~その3~"

| | コメント (2)

2011年2月25日 (金)

シリア・ヨルダン添乗徒然~その2~

Etihad_flight そして迎えた出発日。今回利用する航空会社はUAEのアブダビを本拠とするエティハド航空。昨年就航してちょうど1周年ぐらいだ。最近どこに行くにもアリタリア航空が多かったのでちょっとわくわく。夜出発の便というのもゆとりがあっていい。

さて、空港でお客様を迎える。これから9日間を共に過ごすお客様との出会いはいつも新鮮でこちらの気分も高まる。全員を前にした挨拶では電話と同様に治安の事は旅行社に任せて楽しみましょうと伝えた。一部の方が微笑んでくれた(或いは私にだけそのように見えた)ので、そのまま意気揚々と出発!

続きを読む "シリア・ヨルダン添乗徒然~その2~"

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

シリア・ヨルダン添乗徒然~その1~

Petra_fukunaga さて、今日からシリーズ(回数不明)でシリア・ヨルダンの添乗徒然をお届けする。砂漠地域が多いこの地域には普段はもっと日に焼けてそうな添乗員が行く事が多いのだが、建国記念日を挟む連休もあってツアーが多い為か、色白病弱な私に声がかかった。1月下旬の事である。

シリア・ヨルダンに行くのは実に10年ぶり。プライベートで行った事がある場所を10年後訪れる事はあったが、私的な旅と仕事は全く別物であり、ある種の緊張感を覚えながら出発までの準備を進めていく。

続きを読む "シリア・ヨルダン添乗徒然~その1~"

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

シリア・ヨルダンより帰国

日頃より当ブログをお読み下さり、誠にありがとうございます。昨日シリア・ヨルダンを巡る「薔薇色のぺトラと巨大遺跡パルミラを訪ねる 9日間」から帰国。チュニジアに始まった反政府の動きは先週も拡大しているようだが、ことシリアとヨルダンに関しては現地滞在中も問題はなく、予定通り観光を終えてお客様にも旅をお楽しみ頂けた。

また添乗徒然を何回かに分けて公開するのでお楽しみに!
引き続きよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

更新休止のお知らせ

福永は添乗のため、当ブログの更新を1週間お休みします。
よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

第81回自然・人間・文明フォーラム「トルコ祭り」開催!

02110001_ed 今日は「トルコ祭り」のインターネット中継の為に新宿の明治安田生命ホールに出かけた。天候はあいにくの雪でちゃんとホールが埋まるのか懸念されたが、いざ開場すると多くのお客様がお越し下さり、杞憂に終わった。

さて、今日のトルコ祭りは祭りを謳うだけあっていつもより充実したプログラムであった。トルコの参事官挨拶に続き、前半のメインはトルコの元カリスマガイドであり、現在は日本で教諭として活躍中のドゥルスン・ハーカン氏の講演であった。

続きを読む "第81回自然・人間・文明フォーラム「トルコ祭り」開催!"

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

ユーラシア社員の素顔~その42~

Oki 今月の社員紹介の日がやってきた。例によって計画性もなく、ただ当日私と目が合った人や話をした人が取り上げられるこのシリーズ。今月は今日一番話をした大木さんに登場して頂こう。

最近実はあまりよく知らない社員も取り上げて書くのに苦労したが、その点大木さんは一緒によく仕事もして来たし、よく知っている部類の社員だ。

続きを読む "ユーラシア社員の素顔~その42~"

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

バルセロナのグエル公園(スペイン)

Yamashita_koen 先週末久しぶりに山下公園をぶらぶらした。今更山下公園で何かする訳ではないが、ふと気になったのが右の写真の階段である。スペインのある階段を思い起こさせるのだ。勘のよい方はきっと想像がつくかもしれないが、バルセロナのグエル公園にある階段に酷似しているのだ。そこで調べてみたら、やはり横浜市環境創造局のサイトにそのような事が書いてあった。そんな訳で今日はこの山下公園のモデルになったと思われるグエル公園を紹介しよう。

グエル公園を設計したのはアントニオ・ガウディである。

続きを読む "バルセロナのグエル公園(スペイン)"

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

スプリット(クロアチア)

Split1 現在社内で2011年分の新しいパンフレットが続々と完成している。その中でちょっと変わったとも言えるのが「クロアチアと中欧」というパンフレットだ。以前までは専らバルカン半島の国々の一国としてツアーが掲載されていたクロアチアだが、今年はかなり前面に押し出して行く心づもりが感じられる。そんな訳で今日はクロアチアの町を紹介しよう、表題のスプリットだ。

スプリットは、クロアチアのアドリア海沿岸部のほぼ中央に位置する港町だ。

続きを読む "スプリット(クロアチア)"

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

マイセン磁器(ドイツ)

Meisen3 今週長時間の動画をスピーディかつ正確に変換出来るソフトを5,6個試したがなかなかうまく行かず、最後に試したドイツ製の変換ソフトでようやく正確な変換に成功。やはりドイツの職人は素晴らしいなぁと感服した。

さて、ドイツの職人で一番に思い出すのは、今日も伝統を引き継いで高度な手作業で世界に陶磁器の名器を送り続けるマイセンだ。

続きを読む "マイセン磁器(ドイツ)"

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

【共通テーマデー】旅に誘われた私の一冊

最近ではテレビ、或いはインターネットかもしれないが、旅に出る動機として本が占める位置は人類の歴史の中でも長い。どれだけの人が歴史を通じてまだ見ぬ風景に身を焦がし、旅へ駆られただろうか。今月のテーマは「旅に誘われた一冊」という事で、私が選んだのはウィリアム・シェイクスピアの「As you like it(以下お気に召すまま)」だ。

お気に召すままは1600年頃に書かれたと言われ、シェイクスピアの喜劇の中でも最も有名な部類の作品だろう。劇中に登場するジェイキーズの台詞はシェイクスピアを読んだ事がない人でも聞いた事があるだろう。

続きを読む "【共通テーマデー】旅に誘われた私の一冊"

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »