2011年6月29日 (水)

ブラックスワンと黒鳥の湖モンガー湖(西オーストラリア)

Blackswan1 近頃同僚達の間で「ブラック・スワン」という映画が話題に上っている事がある。私もテレビで予告編を見かけたが、サスペンスを感じさせる構成だった。ちなみに本編は見ていないのだが、今日はそんなブラックスワンについて紹介したい。映画ではなく、本当の鳥のブラックスワン(日本語で黒鳥と呼ばれる)だ。

ブラックスワンは白鳥科の鳥。その名の通り黒い白鳥なのだ。生息地域は現在オーストラリアのみで、同国の固有種である。

Blackswan2 くちばしは赤く、成長すると体長110~140cmまで成長する。白鳥との差はその色だけではなく、首の長さにもある。白鳥科の中で最も首が長い種である。オーストラリア国内の広い地域に生息しているが、特に西オーストラリアで多く見られる。西オーストラリアの州鳥であると共に、州内の町の紋章にもよく登場する。

専ら草食で渡り鳥ではないが、気分によってたまに移動する事があるらしい。雄と雌のカップルが交わって卵を産み、家族で子供を育てるのが一般的だが、約3割の同性カップルも存在するらしい。この場合、雌が卵を守る巣を奪って雄同士で育てるらしい。事実は映画よりも奇なり・・・。

Blackswan3 気ままに暮らすブラックスワンがよく見られる湖がパース郊外のモンガー湖である。ここは右の写真のように、湖越しにパースの町を眺める事も出来る。モンガー湖には一年を通してブラックスワンが滞在している事が多く、見られるチャンスも高い。子供や巣に近付くと攻撃的になる場合があるが、基本的には愛らしい鳥である。パースに行ったらモンガー湖には是非足を運んでみて下さい。チャイコフスキーの「白鳥の湖」では悪役である(映画も?)ブラックスワンも地元では人気者。「黒鳥の湖」モンガー湖の立派な主役である・・・。

オーストラリアの旅はこちら

|

オセアニアツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。