2011年9月20日 (火)

ベネズエラから帰国。

Angelfall_zoom 今年はおかげさまでたくさんのツアーがあり、例年一度行くか行かないかの添乗も今回で3回目。最近添乗徒然に切れ?がなくなったのを反省して今回は連載を控えるが、メインの部分は天候に恵まれ、お客様のご協力もあって無事帰国する事が出来た。

実は今回のベネズエラ・ギアナ高地を巡る9日間のツアーは、10年前の9月13日出発で行く予定であったツアー。ご存知のように出発2日前に「9.11」が起き、そのツアーは催行中止になった・・・。

Gran_sabana そしてそれから10年が過ぎ、再び同じツアーに添乗する事になった。今回の出発日は9月10日で米国のコンチネンタル航空利用であった。折りしも9.11の10周年を狙った再度のテロがあるのではないかという警戒情報も出る中で気になったのが9月11日にどこにいるかどうかという事であったが、9月10日中にベネズエラに向けて飛び立つスケジュールになっていて一安心。但し、そのフライトの出発時間は9月10日の23時59分発という際どい時間帯であったが・・・。幸い世界中で何事も起きなくてほっとした。

ギアナ高地とエンジェルフォールは特に昨年あたりから日本でもかなり知名度が上がっているので、ひょっとして拓けていたりするのではないかなんて行く前は想像していたが、昔と変わらぬ秘境のままであった。文明的な生活に慣れた我々には不便を感じたりもするが、改めてこれが自然なのだとも思う。部屋にテレビも冷蔵庫もエアコンも電話もない、現地の自然に溶け込んだ野生的なロッジの宿泊を4泊体験したが、なければならない物なんてそんなにない事を実感せずにはいられなかった。

という訳であっさりだけど、今回の添乗徒然はこれぐらいにて。冒頭で触れたようにギアナ高地の後半はこの上ない天候に恵まれたおかげでご参加のお客様にも今回の旅をご満足頂く事が出来、また途中便の遅延や私の間の悪い行動があったものの、無事帰国する事が出来て胸を撫で下ろす。今月は他にも多数のツアーがギアナ高地を訪れているが、同僚達が率いるそのツアーも天候に恵まれている事を祈りつつ・・・。

|

北中南米ツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

添乗徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。