2011年11月21日 (月)

イタリアワインウィーク開催中!

Wine_tasting_seminar 今週はイタリアワインウィークという事で、イタリア各地からワイン産業や観光業に従事する人々が来日し、主に飲食業界や旅行業界向けに様々なイベントが開かれている。

正直言えば私は「イケないクチ」なのだが、職業柄ワインに触れる機会は多いので招待頂いたイベントに今日お邪魔してきた。

Wine_tasting_seminar2 会場に入ると、目の前のテーブルにイタリアワイン業界の重鎮の方々が構えてらっしゃるので少々背筋を伸ばしてお話を待った。テーマはいくつかに分かれており、今日の部はイタリアワインと地中化式食生活について話があった。

日本でもメディアを中心にワインが健康にも良いという事が言われて久しいが、食生活と合わせてアンコーナ大学の教授から講義のようなお話を聞く事が出来、ためになった。後半にはイタリアでも活躍中のワインジャーナリストの宮嶋勲氏からイタリアの食生活と日本の食生活の類似点を交えながら、ワインの楽しみ方に関する興味深いお話もあった。旅行も周遊型から目的型へのシフトが進む中で良い旅を提供していく上でこうした食やワインの知識も役立つ日がいつか来るだろう、きっと。アジアと比べてヨーロッパのグルメな旅はなかなか難しいが、色々な知識や現地視察も重ねていつか実施したいところ。

Wine_tasting_seminar3 講演の後は、イタリアを代表する銘柄が揃い踏みした試飲会が開かれた。ごく少量のワインなので飲める方であれば30種前後の全種類を飲み切る事は難しくなさそうであったが、あいにくイケないクチの私、泣く泣く2種を厳選して試飲する事にした。トスカーナやピエモンテのような大産地はいつでも飲めるので、今回選んだのはヴェネト(ヴェネツィアがある北東部の州)のAMARONE(アマローネ)とサルディーニャ(島)のVERMENTINO(ヴェルメンティーノ)。

芳醇な香りと重厚な飲み口、それでいてフルーティで爽やかで後口もいい、、、といった寸評が適切かどうか分からないので、とりあえず「おいしかった。」という事で締めくくっておこう・・・。

イタリアワインウィークの詳細はこちら
※一般参加可能なイベントもあります。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。