2011年12月20日 (火)

ギリシャ料理昼食会にて

Greece_seminar1_2 今日は気持ちのいい昼下がりにギリシャ政府観光局主催のイベントで六本木に出かけた。その席上で、先月イタリアワインのイベントで触れた地中海式食生活と別の日に横浜で食べたギリシャ料理の双方に遭遇した。これも何かの縁かと思いつつ、おいしいギリシャ料理をたっぷり頂いてきた。

今日の会が催されたのはかねてから一度訪れたいと思っていた六本木のギリシャ料理店スピローズ。

Greece_seminar2 まずは食事、、、、ではなく、セミナー形式のプレゼンテーション。今日のテーマは地中海式食生活。この地中海式食生活は、ユネスコの世界無形遺産にも登録されている。昔ながらの素材を伝統的な調理法でじっくり仕上げ、皆で食べる。そう地中海式食生活とは料理そのものに加え、このみんなで食べるという点も重要なのだ。アテネを始めとする都会部では少し崩れつつある所もあるが、多くの地域で確かに家で家族揃って食事を取るギリシャ人達の姿を何度も目にした事がある。心身ともに健康に、そんなメッセージが息づいているのだろう。ちなみに左上のスライドは地中海式食生活の源泉?であるクレタ式食生活のピラミッド。一か月に数回で良い頂上から毎日食べた方が良い下層部までずらりとお勧め食材が並んでいる。ちなみに頂上は肉、最下層はご飯やパスタなどの炭水化物と野菜、果物など。

Greece_seminar3_2 一通り説明を受けた後はいよいよ実践。やはり百聞は一見に如かず、据え膳食わぬは武士の恥(笑)。と言う訳で席に着いたのだが、ここでも大事なのは料理そのものと共に皆で食べる事。大テーブルに着いて他の旅行社の方々や政府観光局の方を交えて食事が始まる。

Greece_seminar4 料理は恐らく主催者の配慮で多数の品を少しずつ皆で取り分けるいわゆる日本流懐石形式の食事。ギリシャ料理は日本でも現地でもそこそこ食べて来たが、一人で大皿を平らげる事が多かったのでこの少量ずつというのが新鮮でしかも食が進む、進む。定番のギリシャ風サラダからドルマデス、ピタやチーズパイと前菜各種が次々と出てくる。

Greece_seminar5 その後タラのフライやスブラキ(串焼き肉)と続いてデザートへ。幾分日本人向けのアレンジも加えられているのでどの料理も食べやすく、おいしい。いつもの昼食に不満がある訳ではないが、久々に本物の昼食を食べた気がした。さすが、地中海式食生活。

暗いニュースも少なくなかった2011年だが、ギリシャを訪れる旅行者の数(全世界)は2010年比では実は増えているそう。四千年の歴史と神話が息づく史跡、紺碧のエーゲ海と白壁の家並みはギリシャ旅行の定番だが、こうした食生活の良さを始め行ってみると味わえる隠れた魅力も少なくない。食卓で気勢を上げて2012年の健闘を皆で誓い合った・・・。

ギリシャの旅はこちら

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。