2012年2月 9日 (木)

日本初登場!デーツチョコ

もうすぐバレンタイン。
デパ地下には、今まさにおいしそうなチョコレートが並び、いろいろ見てまわるのがこの時期の楽しみです。

大丸東京店でも、色とりどりのかわいいチョコレートが並ぶショコラプロムナードが開催されています。

毎年、世界各国の目新しいチョコが登場しますが、今年は「おお、ついに日本にも・・・!」と思わせるチョコがありました。

Shop それは、チョコレートコーティングされた乾燥なつめやし(デーツ)です。

イスラム圏ではすっかりおなじみのデーツですが、まわりにチョコレート、そして中には種の代わりにナッツが埋め込まれています。
ドバイの空港でも手に入れることができるこのチョコですが、おしゃれなハート型になっていたりして、庶民のお菓子が一気に高級感の漂う一品に。

日本ではあまり馴染みのないなつめやしですが、イスラム圏のバザールでは、必ずこの乾燥なつめやしが山盛りになって売られています。
鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラルとビタミンも豊富で、ラマダン(断食月)の日没後の最初の食物として配られたりもする、ムスリムにとってはとても身近な食べ物です。
ねっとりとした食感は、あんこに似ている気がします。

なかでも有名な産地の一つがチュニジアです。
ご存知の方も多いと思いますが、日本で販売されているソースの原料にもこのデーツが使用されていて、チュニジアには日本のソース工場もあるとか。

おいしくお好み焼きやとんかつが食べられるのも、このデーツのおかげですね。(大木)

チュニジアの魅力はこちら

|

中近東ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。