2012年5月23日 (水)

関空に東欧中欧集合!

先週末「世界に一番近い旅の博覧会 - 関空旅博2012」が開催された。空港で博覧会をPhotoやってしまおうという、関西人の柔軟な発想にも驚かされたるが、これ、特別に会場があるわけではなく、空港の一部、通常では通路や空地となっているところにステージやブースを設置して行うもので、お祭り気分が満載。
この不景気なご時勢、来場者数は昨年の約3倍という、まさPhoto_3に大繁盛とのことであった。弊社も出展したのだが、初日ですでに配布物やパンフレットが尽きてしまい、急遽本社から撮りよせて対応した。
一番勢いのあったのは、今話題のローコストキャリア各社で、さまざまな航空会社が派手な ブースとコンパニオンと見まごうスチュワーデスやスタッフを動因して、各社のブースのPhoto_4 イベントには長い列が出来ていた。
そんな中でも、今年は、我が(私東欧・中欧担当なのです)東欧・中欧各国も、ブースを出していました。

(写真上からピーチエア、チェコセンター、ハンガリー政府観光局)

Photo_5  Photo_6今年は、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴェニア、クロアチア、ルーマニアと六カ国出展。日本から直行便が飛んでいるわけではなく、どちらかというと「お馴染み」よりも「憧れ」という印象が強いこれらの国々ですが、熱心さにひかれて、多数のお客様でにぎわっていました。政府観光局のスタッフの中には、はじめて大阪に来たスタッフもいて、東京との違いに驚いていました。大阪の人は表情が明るい、皆、ユーモアにあふれていてと、日本人観が変わったと言っていました。

Photo_11 Photo_10

空港ということもあり、さらに昨年の3倍の人出に、会場はごった返し。会場整理の警備の方の声が響きます。ステージでは様々な威勢のいいパフォーマンスが繰り広げられています。久しぶりに景気のいい空間でした。

(写真ルーマニア、ポーランド、クロアチア、スロヴェニアのそれぞれのブース)

クロアチアツアーの魅力はこちら

ハンガリーツアーの魅力はこちら

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

お祭り見学ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。