2012年5月15日 (火)

ヨルダンで死海浮遊体験

Deadsea 先日のTBS「世界ふしぎ発見!」はヨルダンでしたね。
あの乾燥した砂漠地帯が、かつては狩りができるくらい肥沃な土地だったとは、今日に至るまでの長い長い歴史が感じられます。
さて、本日は、番組でもかつてアスファルトが取れたと紹介された湖「死海」についてご紹介しましょう。

死海は太古の地殻変動により、海水が閉じ込められて形成された、イスラエルとヨルダンにまたがる湖です。
年間を通して雨がほとんど降らないことと、強い日差しで少しずつ湖の水分が蒸発して塩分濃度が高まっていったことから、湖には生物もいません。
このことから「死海」(デッド・シー)と名が付けられました。
海水の塩分濃度が約3%であるのに対して、死海の塩分濃度はなんと10倍の約33%もあります。

Doro この塩分濃度のおかげで、たとえカナヅチの方でも身体が浮くため、浮遊体験がお楽しみ頂けます。
ユーラシア旅行社のヨルダンツアーでは、死海のプライベートビーチのホテルに宿泊しますので、ホテルのお部屋で水着に着替え、そのままビーチへ。
水深はそれほど深くありませんが、湖底は塩の結晶がくっついていますので、浮遊体験の際には念の為怪我をしないようビーチサンダルを履いて頂くとよいでしょう。
はじめはなかなか浮遊力に慣れず、悪戦苦闘する場合もありますが、すぐに慣れてプカプカと不思議な体験をお楽しみ頂けます。また、死海で新聞を広げて優雅に浮いている姿もシャッターチャンスです。
ただし、塩分濃度が高いため、湖につかるのは20分が限度ですのでご注意を。

ヨルダン川から流れこむ死海の水は、ミネラルを多く含み、美容や治療など様々な効能があることでも知られています。
ヨルダン王室公認の化粧品リバージュをはじめ、泥パック、石鹸、バスソルトなど、最近では日本でも様々な死海美容グッズが販売されていますね。
ホテルにも死海美容グッズを使ったエステがありますが、ヨルダン側の死海でうれしいのは、ビーチに無料で使える泥が置いてあることです。好きなだけ手にとって自由に顔や体に塗って天然の泥パック体験ができます。翌日のお肌はぴちぴちです。(大木)

ヨルダンツアーの魅力はこちら

|

中近東ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。