2012年6月 1日 (金)

【共通テーマデー】疲れたとき、癒される場所

100117ic17_1 みなさん、こんにちは。季節の移り変わりも早いもので、本日はもう6月です。さて、月初めはお馴染みの共通テーマデー。今月のテーマはずばり、「疲れたとき、心癒される場所」です。癒し、というとすぐに思い浮かぶのは、自然の色、緑色。緑を目にすると、心安らぎます。添乗で訪れた先では、エチオピア、ラリベラがぱっと頭に浮かびました。

ラリベラ、というと、岩を掘り込んで作られた岩窟教会が有名。最も有名な聖ジョージ教会は、十字架型にくりぬかれていて、美しい凝灰岩のピンク色をしています。

090919ic09__ そんな教会がある町は、いたって長閑。世界遺産の聖ジョージ教会だって、塀に囲まれたりすることなく、昔のまま、草むらの中に佇んでいます。エチオピア正教の教会内でのお祈りはまた独特なもの。太鼓と、まるでご詠歌のような旋律の祈りの声が響きます。人々はわらぶき屋根の家に住み、素朴な暮らしを営んでいます。緑の中にわらぶき屋根の家がぽつんぽつんと建つ風景、なぜか郷愁を覚え、こころ安らぐのです。今尚、このような世界で暮らしている人がいる、文明社会の中で、日々に追われ、忙しない毎日を生きているのがどこか違う世界のよう…。もちろん、彼らにも私たち観光客に見えていないこともあり、決していいことばかりの世界というわけではないと思います。でも、ラリベラの心癒される風景、疲れたとき、ふと行きたい!と思ってしまいます。(川井)

エチオピアのツアーはこちら

|

アフリカツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。