2012年7月26日 (木)

お花畑に心躍る!~四姑娘山、鍋荘坪にて~

Toranooあっという間に7月も月末。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。もう夏休み!という方もいらっしゃるかもしれません。本日はお昼に元気をつけようとうなぎを食べたい気分でした。そして、上司に、うなぎあるよ!といわれた店に行きましたが「うなぎは来週からです」と言われ、残念…。おいしいうなぎが食べたいです。先日行った中国、四川省のツアーは、標高が高い場所が多く、涼しくてさわやかでした。そこで出会ったお花畑が本日のテーマです。

四姑娘山ツアーの拠点となる地、日隆のホテルから車で少し走ったところに、目指す「鍋荘坪」への登山口があります。準備運動をして、いざハイキングスタート!おわんをひっくり返したような丘へと登っていきます。1時間ほど、ゆるやかな九十九折の坂道を進んでいくと、一気に視界が開け、そこには真っ白なお花で埋め尽くされたお花畑が!「トラノオ」という、猫のしっぽのような形をした白い花が一面に咲き誇り、アルプスの少女ハイジのようにスキップしたい気分になります。 よく目をやると、トラノオに混じり、エーデルワイスもそこかしこに沢山!Photo_3 「スイスのハイキングでは一輪しかなかったのに…、ここにはこんなに!」と夢中で写真撮影をしているお客様もいらっしゃいました。のんびり座って、真っ青な空を眺めるだけ、というのも贅沢な時間です。ここは晴れると、絶好の四姑娘山を拝めるポイントでもありますが、残念ながら今回は恥ずかしがり屋と言われる四姑娘山はその全貌を見せてはくれませんでした。しかしながら、観光客でにぎやかな九寨溝や黄龍とはうって変わり、私達が訪れた際は観光客もほとんどおらず、のんびりとお花畑を満喫することが出来、沢山の人が押し寄せる前に、ぜひ皆様にも行って頂きたい場所のひとつです。(川井)

四姑娘山ツアーの魅力はこちら

|

アジアツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。