2013年7月23日 (火)

サントリーニ島(ギリシャ)の楽しみ方

ギリシャ、サントリーニ島のイア世間は夏休みを迎え太陽ギラギラの季節がやってきました。
こういう日には海が綺麗な街が恋しくなります。
地中海のサルディーニャ島やコルシカ島、シチリア島やクレタ島、マルタ島など島とその海は格別
なかでも、ギリシャ屈指の人気リゾートであるサントリーニ島は
静かな10~4月もいいですが、
夏の賑わいと燦燦と太陽に照らされた白壁の街並みが葡萄酒色の海と紺碧の空とあいまって絵画的な美しさを見せてくれます。

そんなサントリーニ島のおすすめの味わい方をご紹介します。
じっくり1週間や2週間滞在できたら幸せなのでしょうけど限られた日数でや時間をどう使うかという発想です

1)イアにいくギリシャ、サントリーニ島のイア
カレンダーやポスターでおなじみの青と白のコントラストが美しい町
三日月上に火山の外輪部が残った形のサントリーニ島の
北の端に位置する小さな村がイアの村です。
もちろん、ティラや他の町でも同じような風景を見られるポイントもあるのですが
やはりイアが一番絵になります。
ちなみに上の写真のアングルでの撮影箇所はちょっとわかりづらい小路の先にありますので、お見逃しなく
(ツアーでは添乗員がご案内します)

ギリシャ、サントリーニ島フィラの夕暮れ2)朝日と夕陽
洋上に弓形に浮かぶサントリーニ島は、天候がよければ朝日・夕陽の鑑賞にはもってこい。
島に泊まるツアーでは、島から東西の海を眺めるのですが、
夕方サントリーニに寄港するクルーズの旅では、
時間がうまくあえば船の上から夕陽に照らされて薔薇色に染まる島を見るのがおすすめです
もちろんその時期の日の出や日没の時間の制約や天気の状態にもよりますので
+αとしてご計画下さい

ギリシャ、サントリーニ島フィラにて3)海を見ながらカフェで一服
時間があるツアーでは、カフェの海が見えるテラス席でお茶やお食事を楽しんでみては
ギリシャでコーヒーといえばエスプレッソ
またはトルココーヒーのような粉がいっぱいのギリシャコーヒーが出ます。
基本的にギリシャには日本でおなじみのアイスコーヒーはなく、
「アイスとコーヒー」つまりエスプレッソと氷がいっぱいのグラスを渡されます
また、疲れたときにおいしいのがフラッペ。
氷とエスプレッソとクリームなどが一緒になって甘くて冷たい夏のドリンクです。
ちなみに、サントリーニだけではありませんが、
カフェの飲み物の料金は同じものを注文しても
カウンター/店内席/テラス席の順に高くなりますのでご注意を

ギリシャ、サントリーニ島フィラにて他にも先史時代の歴史や博物館をみたり、
野良猫や野良犬ののんびりした様子を写真に撮ったり
ワイン片手にシーフードを食べたり
ホテルのプールで泳いだり(絶壁が多いサントリーニはビーチが少ないです。また、真夏でも海水温が低いので水泳にはあまり向きません。日光浴を楽しみたい方むけ)
様々な楽しみがあるサントリーニ。
お出かけの際は、日焼け止めと帽子(風で飛ばないよう帽子止めも)、水着をお忘れなく

(山岸)

ユーラシア旅行社で行くサントリーニ島などギリシャツアーの魅力はこちら

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。