2013年7月24日 (水)

東北でいづぬ(一二)を争う人気列車“リゾートしらかみ”

Buna『橅』・・・みなさまはこの漢字、読めますでしょうか?

私は最初、ナデシコと読み間違えました。良く似ていますが、撫子ではありません(笑)。
ヒントは、世界最大級の原生林が東北にある落葉広葉樹・・・そう、「ブナ」です。
この『橅』の文字が車体に大きく書かれた列車があります。
秋田⇔青森を結ぶJR五能線を走行する、快速列車“リゾートしらかみ”のひとつで、「橅編成」と呼ばれる車両です。兄弟分には「くまげら編成」とハイブリット車両の「青池編成」があり、いずれも、沿線を彩る世界遺産・白神山地から名づけられています。

Aoike実はこの“リゾートしらかみ“三兄弟、鉄道雑誌などで「一度は乗ってみたい列車」にランクインされるほどの人気列車なのだとか。

人気の理由は、第一に景色。線路の多くは波打ち際すれすれに敷かれているので、お天気に恵まれれば、キラキラ輝く日本海や林立する奇岩を、かぶりつき状態で満喫できます。逆側の窓にも、白神山地や津軽富士・岩木山の雄姿が現れ、まさに眼福の路線といえるでしょう。
第二の理由は、観光列車らしい配慮。景色を見やすいように窓が大きく設計され、みどころでは徐行運転してくれるサービスがあります。

Resort_shirakamiそして第三の理由は、ご当地ならではのイベント!一部の編成、一部の曜日に限られますが、「津軽三味線の生演奏」や「津軽弁・語りべ実演」が実施されるのです。私が乗車した1号では、津軽三味線のライブが行われました。三味線のセッションやソロ演奏、津軽じょんがら節などの唄を楽しみ、大満足の30分間でした。

さて、こんなに盛りだくさんな“リゾートしらかみ”ですが、なんと運賃に座席指定料として510円をプラスするだけで乗車できます。高額な特急料金は不要で、お財布に優しいのも嬉しいですね。
2013年は白神山地が世界遺産に登録されて20周年の記念イヤー。夏は涼しく、秋は紅葉がみごとな白神を、ぜひ訪れてみてください。その際にはどうぞ“リゾートしらかみ“もお忘れなく!

Syamisen_2♪♪リゾートしらかみ・津軽三味線ライブの動画はこちら♪♪


|

日本ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。