2013年7月18日 (木)

アルプスの美味しい食卓(イタリア、オーストリア、スイス)

ドロミテ、フネスの谷先日ドロミテ山塊とオーバーグルグル、
というアルプス東部を訪れるツアーに添乗させていただきました。
イタリアのヴェネト州からトレンティーノ・アルト・アディジェ特別自治州へと続くイタリアンアルプスのドロミテ街道から、オーストリアのオーバーグルグル(地名です)
スイスのエンガディンの谷へと抜ける10日間のコースで
山を歩いたり、ロープウェーで3000Mの地点までのぼったり
大自然を満喫した旅です。

山のツアーというと、
山小屋に泊まったりお弁当を担いで山に登ったり・・・というのを想像しがちかもしれませんが
行程にゆとりがある今回の旅では、山の上の小さなレストランで食事をとることも
郷土料理を存分に楽しんできましたので、
あまり日本のイタリア料理屋などで見ることがない、この地方の食事を紹介しましょう。

イタリア、詰め物パスタイタリアの数あるパスタの中でも、餃子のような具入りパスタはこの地方でも良く食べます。
中身は、リコッタチーズ、ほうれん草、ハムなど色々です
形によって、ラビオリであったりカソンセリだったり色々な呼び名があります。
具に味がついていないので、ソースの類をかけることは少ないですが
簡単に、オリーブオイルやチーズを振りかけたりもします。

イタリア、カーネデルリ第一次大戦までオーストリア領であったイタリア北部では、
オーストリアに影響を受けた料理がいくつかあります。
トレンティーノ・アルト・アディジェ特別自治州で出てくるお料理に、
カーネデルリ(オーストリアではクヌーデルと呼んだりします)があります。
田舎の郷土料理でお母さん達の知恵が詰まった一品
小麦粉ではなくパンを使うので、
かつて保存料などなかった時代に、ちょっと硬くなったパンを再利用してつくったお団子です。
パンとミルクなどを混ぜてこね、ほうれん草やチーズ、ハムなどをこちらも混ぜ込んでお団子にします。
お団子はゆでたりハンバーグのように焼いたりしてから食卓に出てきます。
そのままでも食べますし、ソースをかけたりスープの具にしたりもします。
写真はチーズとほうれん草のをひとつ盛り合わせています。

スイス、エンガディンケーキデザート代表は、トレンチーノ・アルトアディジェの名産りんごのデザートを。
オーストリアではアプフェルシュトゥールデルといいますが、
日本でよく目にする厚い生地のアップルパイが人気です。
また、スイスに入ってエンガディン谷ではナッツをたっぷり使ったケーキもいただきました。
写真のように、タルト生地にキャラメルと色々なナッツがぎっしり
クッキーで鋏んだタイプのものも良く見かけます。

山の中のツアーなので、日本のような魚介のバリエーションは少ないですが、
他にもポレンタ(とうもろこしの粉を使ったお料理)や各種お肉やキノコを使った料理など
皆様「おもったより」バリエーションに富んでいて美味しかったとの声をいただきました。
大自然の中で、澄んだ空気と清々しい気持ちで頂く山の幸
これから秋に向け山は実りの季節を迎えますのでいっそう楽しみですね
(山岸)

ユーラシア旅行社で行くドロミテツアーの魅力はこちら

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

海外ツアーの食卓から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。