2013年10月11日 (金)

ミャンマーの首都 ヤンゴンの山手線?

 昨年の民主化政策以降、ビジネスにも観光にも世界からPhoto_9

注目をあびている国、ミャンマー。
 その首都のヤンゴンに東京や大阪のような環状線の鉄道があります。電車ではありません。ディーゼルでドアも窓もあったりなかったり。。両方向あわせて1日10本程度。
 距離は東京の山手線ほどですが、1周は約3時間かかります。外国人が乗るためにはヤンゴン中央駅のみで発売している1USドルの切符を購入して乗車です。    

Photo_10

 車内はというと、いきなり糸をつむぎ始めたり、物売りはもちろん、ニワトリなんかもいっぱい乗せられてきます。お坊さんが乗車すると皆さんさっと席を譲ります。 時速は30KMほどでしょうか。本当にのんびり、駅に着くどこからともなく人が沸いてます。ミャンマーの今の生活を感じるにはもってこいの路線だと思います。
 空港の近くも通るけど、アクセスとして利用できるにはほど遠いみたい。

 木の椅子で最後にはおしりが痛くなりましたが、楽しい約Photo_13 3時間の旅でした。ちなみに最近では昔のJRや名鉄の車両も活躍しているようです。皆さんもこんな時間をヤンゴンで過ごしてみませんか。(加藤)

ユーラシア旅行社で行くミャンマーの自由旅行はこちら

|

ユーラシア旅行社の自由旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。