2014年7月24日 (木)

エチオピアの絶景!ダナキル砂漠の新ツアーを発表しました(ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠ツアー)

最近、絶景本でも必ずと言っていいほど取り上げられているエチオピアのダナキル砂漠。名前は知っているけれど、一体どのような所で何を見に行くのでしょうか。

95

アフリカのエチオピア北東部、エリトリアとの国境沿いに位置しているダナキル砂漠。長さ約640km、幅約240の巨大な砂漠は、アファール盆地という大地溝帯に位置している為、アフリカで屈指の低地でもあります。そして、砂漠しかも低地、となるとご想像の通り非常に暑く、〝世界で1番過酷な土地”なんていう悪名もついてしまいました。

しかしながら、このダナキル砂漠こそ、見事な絶景の数々に出会うことができる場所。地球が生きていることを実感できる見所の数々が待っています。

119

まず1番有名な見所は、極彩色のダロール火山。ダロール地区にある標高約50mぐらいの小さな火山ですが、既に海抜はマイナス100m以上のこの場所は、火山の頂上でも標高はマイナスという不思議な場所。頂上まで約30分登っていくと、そこは黄色、緑、青、白、と言った鮮やかな世界が広がります。塩分や硫黄、カリウムなどを含む温泉が地表に噴出し、結晶となって地上に噴出し、不思議な奇岩群、間欠泉を作り出しています。上がるにつれて、硫黄の匂いが漂い、草津の温泉街に来たような気分になりますが、目の前に広がる景色は、まさに見る者を魅力、絶景の一言に尽きます。

Cimg1941

そしてもう1つのハイライトは、エルタ・アレ火山。エチオピアでも1番活発に活動する火山で、その名の通りアファール族の言葉で「煙を吐く山」という意味を持つ火山。3~4時間のトレッキングは、過去に流れ出て凝固した溶岩の上を歩き続けます。遠くには煙を吐く山頂が見えていました。頂上には巨大な溶岩湖があり、グツグツ、ザバーッ、シューッと叫び声をあげるように吹き出るマグマを見ることができます。また見学しながら座っている溶岩大地も床暖房のように温かく、約1000度近いマグマの威力を実感します。
暗闇に浮かびでるその真っ赤な姿は、この大地が、地球が、生きていると実感できる場所です。

塩のキャラバンと呼ばれるラクダの隊商たち

ユーラシア旅行社のダナキル砂漠ツアーは、酷暑を避けた1年で1番のベストシーズンである冬限定で出発日を設定しました。また、宿泊施設はなく、もちろんシャワーやお手洗い等の設備も整っていないダナキル砂漠のツアーは冒険旅行ではありますが、その中でも極力快適にお過ごし頂けるようご案内致します。テント泊の際は、発電機を持参して、夜のお食事の際は明かりを付けてお召し上がり頂きます。また、マットレスやシーツなどは弊社でご用意致します。(寝袋はご用意下さいませ)簡易お手洗いのテントを張って極力深夜の青空お手洗いを避けるように致しました。

秘境好き、自然好き、旅好きの方にお勧めしたいダナキル砂漠。
是非、ご検討下さい。

↓ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠ツアーはこちらから。
ダナキル砂漠、エルタ・アレ火山とエチオピア絶景紀行 9日間

ゆったりダナキル砂漠、エルタ・アレ火山とダロール地区の奇観 11日間

ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠ツアーの魅力はこちらから

|

アフリカツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。