2014年7月14日 (月)

【テレビ番組情報】アフリカ諸国で唯一植民地にならず独立国として歩んできた国「エチオピア」(ユーラシア旅行社で行くエチオピアツアー)

7月15日(火)19時54分~20時54分、テレビ東京にて
『ありえへん∞世界あなたが99%行かないかも知れない世界の秘境!アフリカ諸国で唯一植民地にならず独立国として歩んできた国「エチオピア」』が放映されます。

公式ホームページはこちら→

http://www.tv-tokyo.co.jp/ariehen/

番組では、アフリカ最古の独立国と言われ、他国の影響を受けてない独自の文化を持つエチオピアの日常生活が紹介されます。

まず、エチオピアではエチオピア暦という独自の暦が利用されており、今年はまだ2006年なのです。
この7年の差とは、イエス・キリストの生誕の年の解釈がローマ教会とエチオピア正教会で異なる為に生じているそうです。
エチオピア暦では1年は13ヶ月あり、30日からなる12ヶ月と、5~6日しかない1ヶ月から成り立っており、西暦の9月11日がエチオピアでは1月1日にあたります。
中々複雑だと感じますが、カレンダーには西暦とエチオピア暦の日付が印刷されており、現地の人は上手く使いこなしています。

ちなみに携帯電話でも、日付の切り替えが出来るそう!!

また、エチオピアの国民食、インジェラも紹介されます。

Add_4_2

「テフ」という穀物を水で溶いて発酵させ、クレープの様に焼いた物です。「ワット」というカレーのようなおかずをインジェラでつまんで食べます。
味は酸味があり、日本人では好き嫌いが別れる食べ物なのですが、番組ではこのレシピも紹介されるようなので是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

ところで、今エチオピアではこぶしを効かせた日本の演歌が大流行中だそうです。
演歌が歌えるカラオケボックスは行列が出来るほど流行っているらしいのです。
私達、日本人と同様に、礼儀正しく、謙虚な性格のエチオピアの人々だからこそ演歌の良さが伝わるのではないかと思うと、なんだか嬉しさを覚えますね。

さて、番組では紹介されないようですが、エチオピアは、旅行先としても、独自の歴史と文化、そして雄大な大自然を感じられる魅力あふれる国なのです。

まずは、12~13世紀頃、ラリベラ王の「この地を第2のエルサレムにするように」という命によって、一枚岩を掘り下げて築かれた12ものエチオピア正教の「岩窟教会群」。現在も重要な巡礼地であり、世界遺産にも指定されています。

4

次に、エチオピア文明発祥の地、古代エチオピア・アクスム王国の首都アクスム。
モーゼの十戒の石版を収めた契約の箱(アーク)が安置されていると信じられている「シオンの聖マリア教会」、紀元前3~4世紀頃に建てられたと言われる「オベリスク(石碑)」、「シバ女王の宮殿跡」など見所も多く、やはり世界遺産に登録されています。

そして、17世紀から約200年続いたゴンダール王朝の城跡は、アフリカ大陸に何故か中世ヨーロッパ風の城があることから「不思議の城」と呼ばれ、これも世界遺産に指定されています。

5

また、バハルダールでは、青ナイルの水源にあたり、エチオピア最大の湖「タナ湖」、タナ湖から流れ落ちる「ブルーナイルの滝」など、雄大な大自然が堪能できます。

99%行かないかもしれないなんて言わずに、
エチオピアの神秘の世界をご自身の目で見にお出かけになられませんか。(竹本)

ユーラシア旅行社で行くエチオピアツアーの魅力はこちら

|

アフリカツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社のお勧めテレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。