2014年7月21日 (月)

船が浮いて見えるほど美しいあの海はどこの海?(ユーラシア旅行社のランペドゥーザ島ツアー)

海の日の今日、皆様どのようにお過ごしですか?
海、といって思い出すのが、先日弊社にかかってきた1本のお問合せ電話。

「船が浮いて見える、あの綺麗な海に行きたいのですが・・」
最近話題の、船が浮くほど澄んだ海といえば、
世界の絶景ブームの火付け役ともいえる写真。
とても印象的な写真でしたが、
そのぶん(?)残念ながら地名や場所はあまり記憶に残らないものかもしれません。

ランペドゥーザ島

あのボートの写真は、ランペドゥーザ島という島の写真です。
国はイタリア。
長靴のようなイタリア半島のつま先の先に浮かぶ
サッカーボールの位置にあるシチリア島の南に浮ぶ
小さな小さな島です。
イタリア本土よりアフリカに近いため気候は温暖で
バカンスにぴったり。
シチリアの州都パレルモやローマ、ミラノからは空の便で結ばれ、
イタリア内外から夏を満喫したい人たちが訪れます。

さて、件の写真ですが、海そのものの美しさに加え、
(ここは海亀が産卵にくるほど綺麗な浜です)
いくつか条件が必要です。
空が晴れていることと、波がないこと。
シチリアの辺りは年間を通して晴れが多い地域ですが、
秋~春はそれなりに風が吹きますし、
冬はバカンス客を乗せる船がほとんどいないので被写体がありません。。
条件としては、やはり夏(6~9月頃)がおススメです。

ユーラシア旅行社では、
シチリア島本土のリゾートタオルミナとこのランペドゥーザ島を
コンパクトな日程で巡るツアーもご用意していますので
今年の休みは9月になりそう・・でも夏っぽいところへ行きたい
という方はぜひぜひご検討下さい。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員が世界の自然を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。